訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円ショップより安い帯収納カバー♪

昨日は主人が一日家にいなかったので、わたしはガソゴソと着物のお片づけにいそしんでおりました。
雨続きの日に気づいた帯の湿気対策、第2弾ですよ~。

もともと帯はたとう紙に入れず、そのまま箪笥に仕舞っておいたんですが、今までよりマメに出し入れをすることを考えると、何もないというのも心配になってきます。
100円ショップにちょうど良い帯収納カバーでもあれば良いんですが、見つけられなかったし。

でも、ふと思いついた!
不織紙の袋って、別に100円ショップじゃなくても売ってるんじゃないかと。
1枚いくらじゃなくて、まとめて買いたいわけだから、できるだけ安い方が良い。
もしかすると、ホームセンターとかに行けば、売ってるかもしれないけど・・・。

出不精なわたしにはありがた~い楽天さんで探してみました。


↑これだ! 使ってみよう♪
送料を入れたら2000円くらいだけど、それでも1枚当たり40円というのは、100円ショップより安い。
50枚あれば、さすがに帯も片づくだろうし。
注文したら、すぐに送っていただけたので、昨日の作業に入ったわけです。

帯収納1

↑こんな感じになりました。
40×55センチでサイズは大丈夫かな?とちょっと心配だったのですが、ちょうど良く収まりましたよ。
通気性も良いし、色柄もすぐに分かるし、出し入れの時にバラけることもなくなるのでグッド!!
帯を探して、箪笥をガサガサやっていると、畳んでいたのが崩れることがよくありましたのでね~。

帯収納2

乱雑に見えていた箪笥の中身も、整った感じがします。
刺繍とか入っている帯は、こすれると痛みそうなので、緩衝材ができただけでも保存状態はよくなるのかもしれない。

あと、箪笥の下には、これを敷くことにしました。



繰り返し使えるらしい除湿シート。
もちろん定期的に虫干しをしたり、除湿器をかけるのは必要かもしれないけど、これも活躍してくれることを期待。
ちなみに一枚で190ccの除湿ができるようですが、長雨の時はやはり気をつけた方が良さそうですね。

虫干しはボチボチやるとして、これで帯収納対策①~⑤のうち、④まではクリア!!
最後の仕立て直しは、おいおいやることにいたします(笑)。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

和の風水

やっと晴れました!
これでたまっていた洗濯が少しは片づきます。

さて、帯の湿気が凄いということを書きましたが、その後、和箪笥が置いてあるクローゼットで除湿器をかけました。
クローゼットの広さは、だいたい2~3畳のスペース。
そこにある押入れ、箪笥の扉、引き出しを全部開いて。
クローゼットは締め切って、4時間くらい除湿したんですが・・・。

満水

あっという間に満水になりました。
これでだいたい1600cc(1.6リットル)ですね~。
これだけの水分が、目に見えない状態で空間を漂っていたことにオドロキます。

心配だった帯も、だいぶさっぱりして、ジトジト感が消えました。
心なしか軽くなったような気もします。
なので、長雨になる時は、箪笥内の除湿剤に頼らず、定期的に除湿器をかけた方が良いなあと感じました。
これはちょっとお勉強になりましたよ。

あと、前々からちょっと気になっていた、↓こちらの本を読んでみました。
着物の風水について書かれてあるのかな~と思いまして。



着物に関しては・・・

・絹は浄化作用がある
・どうして左前で着物を着るのか(陰陽の調節)
・着物は、八方位のエネルギーを身にまとうもの
・目的にあわせての色選び

ということが、分かりやすく書いてありました。
欲を言えば、もうちょっと詳しく書いて欲しかったんですが・・・。

風水というのは、八卦を利用するんですが、人それぞれに持っているエネルギーの質が違うそうです。
ちなみにわたしの気の質は「沢」という金気になるらしい。
まあ、生年が同じ女性なら、みんな気の質が同じという大ざっぱな考えなので、これに関しては四柱推命の方が詳しいんじゃないかと思うんですけどね。

それはさておき、わたしのような「沢(金)」タイプの女性は、ゴールド、黄色、白が社交運をもたらすそうです。
商売運、金運も高まるので、遊びのお金に困らないらしい(笑)。
自分の気の質に合ったバッグひとつ持つだけで、運気上昇するらしいんですよね~。
着物も、ゴールド、黄色、白を着ていれば、運気上昇ってことなのか!?

あとは、着物の文様について。
パワーを持っている着物の柄についての説明が書いてありました。
トンボ柄も良いそうですよ。
日本列島は、トンボが交尾した形だと古代の人は考えたらしく、トンボの古語である「秋津」を使って「大倭豊秋津島」と日本を呼んでいたらしい。
日本列島が龍形だって話は聞いたことがあったけど、トンボは知らなかった。
あ、でも、トンボはドラゴンフライか・・・。

興味ある人は、読んでみてくださいね~。
風水の専門書ではないので、さらっと読めるかと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

アンティーク帯の湿気がヤバい!

関東、東北地方は大雨で、河川の氾濫なども起きていて大変な様子。
ここのところず~っと雨が続いているので、余計に増水していて危険みたいですね。
甚大な被害にならなければよいのですが・・・。

山梨はそれほど雨はひどくなかったけど、湿度は高い!
ジメジメ、ジトジトしていて、水に浸かっているような気分です。
8月下旬から、すっきり晴れた日が数日あったか、なかったかというくらいだから、仕方ないんでしょうが・・・。

ここのところ続いている着物整理は、雨降り生活をちょっとでも有意義に過ごそうとして始めました。
着物の整理がひと段落して、やれやれと思っていたんですが、帯のことをすっかり忘れていた。
そこで、今日は帯の整理に取りかかったんですが。

これが、想定していた以上の大問題になっておりましたよ。
今まで着物は時々虫干ししたりして、そこそこ注意していたんですが、帯には気が回っていなかったんです。

アンティーク和箪笥1

わたしの持っている帯は、↑こういう骨董の和箪笥に大半が収納されております。
箪笥そのものは、本来4段になっているところを、上下に分けて別々の場所に置いてあります。
帯用にしてある方は、押入れの下段につっこんである状態。

アンティークの帯とか、織の帯はほとんどがここに入っているわけですよ。
振袖用の袋帯と、染め帯、半幅帯はまたそれぞれ別収納にしてあるんですが・・・。

帯収納1

タンスの幅と深さがけっこうあるので、1段にだいたい20枚くらい収納できます。
帯に関してはガサゴソ探すのが面倒なので、たとう紙には入れてないんですよね~。

着物は現代ものも好きなんですが、帯はアンティークの方が圧倒的に好きだったりするので、ネットオークション、骨董市、リサイクルショップなどでいろいろ探し回ってました。
そういう着物好きな方、結構多いんじゃなかろうかと思います。

帯収納2

このアンティーク帯、帯芯が分厚いのが多くて、かさばるし、重い!
引き出しの中に20枚程度のアンティーク帯をしまい込むと、開けるのが大変なくらいずっしりしてしまいます。

さらに今回、長雨のせいで湿気を吸い込んでいて、じっとり感が増しておりました。
総重量も増えているらしく、引き出しが半端なく重い。

現代モノの帯は、帯芯が薄いのでさほど変化を感じなかったんですが、アンティーク帯の水分吸収はヤバい感じです。
一応、除湿効果のある箪笥敷を敷いてあったんですが、ほぼ効果無し!
このまま放っておくと、間違いなくカビがはえそうだし、それでなくとも帯が痛みますよね。

湿気は底に溜まる上、さらに押入れの下段に収納してあるものだから、水分吸いまくりなわけです。
今年は妊娠しているせいで、梅雨~夏の間にこの引き出しを開けることが無かったから、余計に湿気が溜まっているし。

袷の時期に入っても、このままの状態では帯を締められないな~と思いました。
まずはからっと晴れた日に、帯を一度全部干さなければ(-_-;)

◎今後の除湿対策

①とりあえず箪笥の引き出しを開けて、部屋全体を除湿する。
②緊急措置として、除湿剤を多めに引き出しに入れる
③除湿効果の高い、箪笥敷を新しく購入する
④晴れた日に、全部虫干しをする
⑤できれば順次、帯芯の厚いアンティーク帯を仕立て直しに出す

こんなところですかね~。
刺繍帯とか、なかなか手に入りにくいものもあるので、ちゃんと除湿をしなければとつくづく思いました。
減らすというのは考えなかったんですが、「管理」に気づいただけでもエライよ、わたし(笑)。
ただ増やすだけではダメだな~と。

とはいえ仕立て直しに関しては、先立つモノが沢山必要なので、気の長い話になりますが。
自分で仕立て直しができれば良いんでしょうが、4m近い帯を延々縫うのは、わたし的には無理!

着物の仕立て直しも考えなきゃいけないとなると、着物道楽するのも大変です(笑)。
優先順位をどこに定めるのか、まだあやふやな感じだし。
どこから手をつければ良いのか、分からない~(-_-;)

ただ、ちょっと着物の整理・管理というのが面白くなってきたので、自分なりにいろいろ考えてみようかと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

着物の収納に便利な100円ショップ

今日も台風の影響で、朝からザーザー降りの雨。
体からカビが生えてきそうな気分ですが、こんな時こそ気合を入れて、引き続きお片付けを。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、100円ショップ「ダイソー」に売っている着物収納袋が便利だと気づきました!

ダイソー1

ちょうど二つ折りにした着物がぴったり収まるサイズで、可愛い水玉模様の三色展開。
たとう紙の代わりとして、着る頻度の高い着物をこれに入れて、箪笥にしまっておく。

和箪笥の衣装盆に片づけてある振袖とか訪問着は、あまり着用機会が無いので、しっかりしたたとう紙に。
逆に、衣装盆には入らず、底の深い箪笥の引き出しに重ねて入れてある着物で、頻繁に着る紬とかは、「着物収納袋」でもいいのかな~と思いました。

ダイソー2

着物の色柄によっては、上から透けて見えるので探しやすいというメリットも♪

ダイソー3

三色を重ねても可愛いので、ステンレス棚とかで見せる収納とかでも良いかもしれない。

たとう紙だって、まとめて買うとそこそこの値段になるのでね~。



ネットでお安くまとめ買いをするんですが、送料とか考えると、100円ショップは捨てがたい(笑)。
ただこの着物収納袋、柔らかくてくにゃっとなるので、柔らかものは型崩れしやすいかもしれないです。
なのでわたしは、しゃっきりしている紬限定にしました。
ヘビロテする着物の目印にもなりますしね~。
色で分類すると、さらに探しやすくなるかしらんとも思いました。

とりあえず、これで着物の整理は一応終了!
雨続きでちょっと憂鬱でしたが、何となくやってやったぜ的な満足感がありますね~。

・・・と思っていたら、帯のことを忘れてました(-_-;)
かなり無造作に突っ込んであるので、帯の整理の方が大変かもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

整理すると見えてくる、所有着物の多さ

相変わらずの雨続きで、うんざりしますね~。
お野菜の値段も高騰していて、いろいろ心配になってきます。

ここまで涼しくなると、さすがに夏の薄物は出番が無いかな~と思い、昨日は単衣と入れ替えをしました。
そんな中で、穴の開いた着物を補修したんですが。

単衣の時期って、いつも「着るものが無い」と言っていたんですよ。
今回、改めて数えてみたら、自分が認識しているよりいろいろ所有していることに気づきました。
これぞ、断捨離効果ですかね~。
全然、減らしてないけど(-_-;)

単衣コレクション2

でも、どうしてこんなに所有感が少ないんだろうと考えてみると、単衣って、基本プチプラばかり買ってる。
↑この中で、5000円をこえるお支払って、無いんですよね。
いつの間にか増えている夏用半袖Tシャツと、あんまり変わらない感じ。
安いから~と、ちょいちょい買っていると、いつの間にか増殖しちゃった、というわけ。

1年でここまで増えたわけではなく、ふだん着物を始めて5、6年でこのくらい。
1年に2枚購入したって考えると、まあ、順当?な増え方なのかなあ。

ちなみに、お気に入りの紫ポリ小紋は、着始めの頃に買った、ネットオークションで500円とかだった代物。
化繊だからというわけですが、いまだに重宝しておりますよ。

単衣コレクション1

さらにこっちは、材料用とか、いただきものとか。
実は一番高い単衣着物が、一番右上の会津木綿だったりする。
これは反物から仕立てたお誂えだから・・・なんですが、もっともカジュアルな木綿着物。

こうして並べてみると、水色系、葉っぱ系の着物が多いなあ(笑)。
今年は長雨で、ほとんど着物が着られない9月なのに、12枚も単衣があるって、けっこう多過ぎな感じがしませんか?
それでも「足りない!」と言っていたわけだから、人間の認識って曖昧なもんです。
時々はちゃんと整理しないとダメですね~。

まあでも、単衣紬は、着方によっては木綿着物のように9月~5月まで着られる気もするので、コスパは良いかも。
厳冬期の山梨では寒すぎますが、11月くらいまで、あるいは4、5月はいけそうな気がする。
そう思うと、もうちょっと増やしてもいいかもしれません(←悪魔のささやき)。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

シミ抜きで穴が開いた着物を自力補修

だいぶ前の話になりますが。
単衣の季節に、洗える正絹着物が欲しいわ~♪と思っておりました。

晴れ着というより、「ちょっとそこまで」くらいでも着られるふだん着物にしたかったんですよね。
木綿着物と同じくらいカジュアルに使えるようなもの。
最初は木綿着物を探していたんですが、新品買うとそこそこ高いし、気に入る柄がなかなか無いし・・・。

そこで目を付けたのが、洗っても色落ちが少なく、縮みもそんなにない単衣紬。
ちょっとくらいシミがあってもいいかなと思って、お手頃価格なものを探しました。
ついでにシミ抜き練習にもなるし・・・と安易な気持ちで。

その後、見つけるには見つけたんですよ。
黄変シミがポツポツとあるんですが、幸いカラフルな絵絣だったので、シミがあまり気にならないものを。
ただ、目立つシミが袖丸のところにあったので、少しでも薄くしようと思って、あれやこれやとしみ抜きを試してみました。

そうしたら・・・。

修正着物袖丸穴1

ズボーン!!
ものは試しと、禁断の塩素系漂白剤を薄めて使ってみたら、見事に穴を開けてしまいました。
いくら漂白したくても、絹に塩素は禁忌です!!
溶けちゃいますからね(-_-;)

気に入っていただけにショックで、これは袖丈を短くしなきゃダメかな~と考えること数カ月。
ネットでお安いところに頼んでも、数千円が飛んでいくと思うと、なかなか踏み切れずにおりました。

ところが今日、単衣着物の整理をしていた時、母が昔縫ったという紬を見て閃いた!
着物の袖丸を、もっと丸くすれば穴が隠れるんじゃね?

試しに、母の着物の袖丸から型を取ってみると・・・。

修正着物袖丸穴2

おお、いけそうじゃないか♪

そんなわけで、珍しく朝から裁縫道具を取り出してきて、チクチク。
片側だけというわけにはいかないので、両袖を自分なりに補修してみました。
でも、思っていたより、綺麗な丸みを作るのが難しい。
素人縫いなもので、何となく角ばってしまうのが残念な感じですが、「ふだん着物」だし、まあいいかということで。

修正着物

1時間くらいで出来上がり。
穴の開いた右袖より、左袖の方がカーブが綺麗に仕上がりましたが、着てしまえば気づかないだろうと(笑)。
シミの存在はともかく、サイズがちょうど良い単衣なので、木綿着物だと思って着潰そうと思います。

ちなみに材料用として売られていた着物だったので、お値段は1000円くらいだったかと。
Tシャツと同じくらいだけど、高級感があるので、お買い得だったなあと思っております。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

断捨離したいけど減らせない着物

今日は朝から雨が降っていて、着物の整理には不向きな天気かもしれません。
しかし、部屋の中がカオス状態になったので、今日も朝からお片付けをしておりました。
立ったり、座ったりが続くと、お腹が張る時があるので、無理しない程度ですけれどもね。

一応、手持ちの着物を、柄をメインに一枚ずつ写真を撮って、スマホで管理しようかと思っております。
撮った写真をざーっと見ていると、自分の好みとか、傾向が分って面白い。
「これが欲しい!」と思った時に、手持ちの着物と被らないようにするためにも、重要かもしれません。

ただですね~。
色や柄が何となく被っていても、断捨離できない着物もあるんですよ。

たとえば、白地に型染の小紋。
見ると、何故だかいつも欲しくなってしまうのですが・・・。

型染白小紋

すでに2枚、持っている。
どちらか1枚処分すればいいようなものなんですが、違いにこだわってしまって手放せない。
右側は大好きな唐花と孔雀柄、左は鶴と古典的な花柄。
右は盛夏・単衣以外オールシーズンOKな感じだけど、左は春かな。
生地の質感も違うので、どっちかを選ぶなんて無理!と思うわけです。
ちなみに、あと2枚、白地に型染の着物を持っていたんですが、さすがにこれは多すぎ?と思って手放しました。

次に、何やら似た雰囲気の2枚。

洋風着物

見つけた瞬間、「これは絶対に姉妹!」と思ったくらい、似ているんですよね。
色も柄も違うんだけど、全体的な雰囲気が同じというか。
多分、同じ作家さんだかメーカーだかが作ったに違いない。
まったく別々の時期に手に入れたリサイクル着物なんですが、「我が家で離れ離れの姉妹が再会できたのね♪」と妄想が膨らみ、やはり手放せない(笑)。

そして、増殖していくのは、自分が大好きな柄の着物。
わたしが特に好きで、反射的に手を出してしまうのが・・・。

薔薇柄♪

薔薇着物

小紋3枚、紬3枚をコレクション中。
これに関しては、ほぼビョーキか?というくらい好きなので、減らせと言われても困るのよね~。
あと、大島紬と結城紬で好みの薔薇を見つけたら、集めたい♪
特にガーデニングが好きなわけでもないわたしが、せっせと育てているのが薔薇なので、ついつい増えていってしまうという感じです。

そんなこんなで、今のところ着物を減らすのは無理~という結論に達しそう。
着物を着始めた頃の、熱病みたいな増殖はさすがに無いのですが、厳選した数枚だけのシンプル着物生活というのは難しいなあと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

片づけたいけど和箪笥に収まりきらない着物

今日は久しぶりに朝から良いお天気だったので、たまっていた洗濯をした後で、着物の整理をしようと思い立ちました。
今後はお子様の持ち物が必然的に増えるので、自分の物をある程度減らさないとな~と、考えていたのですよ。
とりあえず、収納スペースを空けないことには、物も買えないし。

2月、3月あたりに、かなり大々的な断捨離を行ったので、大して着物の数も無いわ~と高をくくっていたのですが!
これが甘かった。
まずは和箪笥を整理して・・・とひっくり返し始めたら、1日では収拾がつかなくなりました。

和ダンス

お義母さまからいただいた和箪笥の上の段は、かなりギチギチに着物を突っ込んでありましてね~。
扉がうまく閉まらないと思っていたら、引き出しの奥の方に、くしゅっと1枚着物が詰まっておりました。
オーマイガーッ!
お、お気に入りの着物なのに~(T_T)

そもそも、和箪笥の収納の仕方って・・・。

和ダンスの収納一例

調べてみたら、↑こんな感じで一例が書いてある。
でも、最近の着物好きな人って、この通りの収納で全ての着物が片付くってことは、絶対にないと思う!
とりあえず、格の高い着物が一番上ってことは分かるんですがね~。

で、和箪笥の中身を全部引き出して、ある程度、この一例にならって分類してみることにしました。
帯とか羽織、長襦袢は絶対に入らないので、染めの着物をメインに考えてみる。

一番上段は、正装用の着物だと思うのですが、わたしはまだ留袖は持ってない。
子供がいなきゃ、いらないだろ~なんて思っていて、見向きもしませんでしたからねえ。
でも振袖は、妹からお預かりしている分も含めて、2枚ある。
振袖2枚だけ棚に入れるのも、スペース的にもったいないので、唯一の訪問着&付け下げをまとめてみました。

晴れ着

総絞りの振袖は、他の着物に比べて分厚いので、一番上の棚にはこの4枚が限界でした。

次に2段目。
色無地は2枚持っているけど、訪問着、付け下げは1段目に入れてしまったので・・・。
ここからですよ、悩みどころは。
考えた末に、お誂えしてもらった私と妹の小紋を入れることに。

色無地

小紋が両方とも鬼しぼ縮緬のずっしりした着物なので、この段も4枚で限界。
ここから先は、ずら~っとリサイクルで買った小紋が控えているのですよ。
1段に4、5枚しか入らないと考えると・・・終わらない(-_-;)

紐が切れたり、破れのあるたとう紙を変えて、防虫剤を入れ替えてと、いろいろやっているだけで、結構疲れました。
紬とか帯は、また後日、日を改めようと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。