訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

身丈が短くて着られないけど、処分できない着物

今朝は、まだ9月だというのに、「寒い!」と思いましたよ。
さすがにヒーターこそつけませんでしたが、久しぶりに毛布&羽根布団にくるまって、ブルブルしてました。
ついこの間まで、暑い、暑いと騒いでいたのに・・・。
何でしょうね、この激しい気温差は。
9月なのに、こんな寒さを感じたのは、初めてのことかもしれません。

さて、また雨続きの空模様。
雨が降るとスイッチが入る片づけモードですが、昨日はクローゼットの大物を処分しなきゃならん!と思うにいたりました。
ほぼ空っぽなので、運び出すだけで良いはずだったんですが・・・。

すっかり存在を忘れていたけど、まだ中にちょっと入ってた~(-_-;)
材料用と称して箪笥に突っ込んであったプラケース内に、着物が入っておりました。

アンティークお召し1


大好きな紫色に、リアルな鳩が織り出されているアンティークのお召。
身丈が150センチ無い、わたしが着るには短すぎる着物なんですが、柄が好きすぎて衝動買いしてしまった1枚です。

シミとかもほとんど無くて、状態は良いんですよ~。
ただ、身丈だけじゃなく、裄も幅も小さいので、仕立て直しをしないと着られない。

アンティークお召し3

これも、着物着始めの頃、大江戸骨董市で一目惚れしてしまった変わり織のお召。
ラメ糸が使われていたり、黒の部分は絽っぽく織られていたりと、いまだにどういう出自なのか不明な着物。
ちょっと固めな生地なんですよね。

やはりサイズが小さくて、いまだにうっとりと見惚れてしまうけど、着られないという悩ましい着物。
帯に仕立て直してもカッコイイかもと思うんですが、いやいや勿体ないと、結局箪笥の奥へしまい込まれておりました。

アンティークお召し2

これは多分、マジョリカお召じゃないのかな?
ラメ糸でレース模様のような柄が織り出されているお召です。
対丈で着れば良いんでしょうが、身幅が合わないのが致命的。
最近は、やはりマイサイズに近い方がいいな~と思い始めておりますのでねえ。

アンティーク大島

皺が目立っておりますが、華紋柄に孔雀羽根が織り出されている、おそらくはアンティークの村山大島。
これまた骨董市でゲットした一枚で、サイズが小さい。
でもこれ、もの凄く軽くて、ふだん着物にいいな~と、いまだに思っているのですよ。

現代ものの着物は、サイズが合わないとあっさり手放すことはできるんですが、面白い柄の古い着物は何故だか処分できなかったりします。
骨董市って、ホントに危険!!
安いから、ついつい「何かに使える」と買い込んでしまいますのでね~。

この中で、単衣にできそうなのは、赤と黒の着物くらいだろうなあ。
鳩柄のと、黒のマジョリカお召は、裏に横糸がたくさん出ていて引っかかりそうなので、袷で着るしかなさそうですよ。
村山大島も、薄すぎる感じなので、袷の方が良いような気がする。

長羽織に仕立て直しというのもアリかなと思いますが、わたしに羽織が似合わない!
すっきりとした美しい着姿にならず、恰幅のよすぎるオバチャンになってしまって、一気に老けて見えるんですよね~。
なので、やはり長着のままにしておきたい。
あれやこれやと考えていると、頭が混乱してくるので、結局また箪笥に仕舞い込むことになるのですが・・・。

古い箪笥

着物箪笥の隣に置かれた、この古いロッカータイプの箪笥を、処分しなきゃならないのですよ。
引き出し部分はともかく、扉が壊れていて、きっちり閉まらなくなっているので。
もともとの持ち主はお義母さまなんですが、捨てようと思ったけど、処分が面倒で放置してた~という「粗大ゴミ」なわけです。
デッドスペースも生まれているので、これを片づけて、ぴったり合うサイズの箪笥を入れ込もうかなと計画中。
これも断捨離の一環かな?

憧れの着物部屋・・・うふふ♪ そんなこと、考えるはず無いじゃないですか(笑)。
ともあれ、どんな箪笥を入れるにしても、まずは処分からと考えております。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

<< 帯留め完成♪ ハロウィンコーデを考える | ホーム | 山梨といえば・・・秋のブドウ狩り♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP