訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ダイロンで白半衿を染めてみた!

今日も朝から風が強くて寒いです。
こんな日は、外に出ずに、暖かい家の中でヌクヌクしていたい。
でも、じーっとしていると退屈するので、ちょっと前に思いついた「お試し!」を実行してみました。

DYLON マルチ (衣類・繊維用染料) 5g col.33 キングフィッシャーDYLON マルチ (衣類・繊維用染料) 5g col.33 キングフィッシャー
()
ダイロンジャパン

商品詳細を見る


ちょっとシミのある白生地を、染めてみよう♪
色は、大好きなターコイズで。
近くのホームセンターには置いていなかったので、送料無料のAmazonで購入。
お試しの場合、1パックから買えるのはありがたいですね。

染める生地は↓これ。
白半衿

ダイロンの使用方法は、パッケージの裏についているので、まずはアレンジせず基本通りにやってみる。

※絹は薄く染まります・・・と注意書きが。
よりよく染めるには、塩の代わりに、お酢を使うこともできますとのこと。
それなら、お酢を使ってみよう♪

そして、毛・絹を染める時の下処理。

①染める前に中性洗剤で洗う。
②すすぎは、1.ぬるま湯、2.中温、3.熱湯の順ですすいでゆく。
③その後、基本の染め方に従って染める。

あれ、思っていたよりも手間がかかるな~。

<基本の染め方>
1.染料を溶かす。
ここで無精をして、手袋無しでパッケージを切ったら、あっという間に指先が青く染まりました。
石鹸で洗っても、全然取れない!

2.染料液を作る。
基本の染め方には6リットルの熱湯と書いてあるけど、沢山は染めないので、とりあえずお試しで1リットル分。
お酢をくわえて、よく混ぜます。

3.よく混ぜる
染めるものを広げていれ、20分もみ洗いするようにしっかり混ぜる。
※絹染めの場合、やさしく混ぜてください・・・との事。

4.漬けおき
20分漬けおき、ムラにならないようときどき混ぜます。

5.すすぎ完成
水でよくすすぎ、余分な染料を落としたら、脱水して陰干し。
(10回くらいはすすいでください)

↑以上が、基本の染め方。
化学の実験をやっているような気分で、これがなかなか楽しい。
きっと綺麗に染まるに違いない♪と、わくわくするし。

そして、どうなったかというと・・・。

染色後

思っていたよりも、ずっとハッキリした発色で染まっている。
絹は薄く染まるんじゃないのか~と思ったけど、ほとんどパッケージそのままの色。
鮮やかなターコイズブルーになりました。

一見すると、成功したかのように見えるんですが・・・。

染色後失敗

いたるところに、激しい色ムラが!
さらには、いくら水でゆすいでも、ずーっと色落ちするし。

これでは半衿として使うのは難しい。

今日の実験、残念ながら失敗!

職人さんの技術って、凄いんだな~と感心いたしました。
でも、かなり楽しかったよ、うん。
きっと諦めずに、またチャレンジすると思うのです・・・ダイロン、まだ残っているし。

次は成功させるぞ!と、決意を新たにしたのでした。

<< 朝得プランで、電気代を節約! | ホーム | 厄除け地蔵まつり&バレンタインコーデ >>


コメント

はじめまして^^

ダイロンで長襦袢を好きな色に染めてみたいと思っていて
たどり着きました!
でも工程がすごく多いのですね・・勉強になりました!
最新の青緑半衿、まさに私が染めたかった色です!
ムラもなくとってもきれいですね^^
ちなみにバケツとか桶とかでされているのでしょうか?

azumiさんへ♪

コメントありがとうございます。
こちらこそ、はじめまして!

ダイロンで長襦袢を染める・・・うお~凄いですね。
わたしは小物をチョイチョイ染められたらいいな~くらいだったので、壮大な目標に感動です。
でも、確かに可能ですよね、うん。

わたしが染めている半衿サイズだと、キッチン用の大きめの桶(直径60センチ?)と、100円ショップのバケツがあれば十分でした。
最初、100円ショップのバケツで染めたら、染めムラが多くできてしまったので、大きいサイズに変えました。
やはり余裕のあるサイズの方が綺麗に染まるそうです。

染めの本を読むと、だいたい、染める物の重さの30~50倍量の染色液量が必要になるようです。
長襦袢1枚でかなり重いと思うので、バスタブくらいの大きさが必要になるんじゃないでしょうか。
ムラなく綺麗に染めようと思ったら、全体をゆったりと水の中をくぐらせる程度の量が必要だそうです。
赤ちゃん用のお風呂みたいなのが、使えるかもしれませんね~。

素人知識ですが、参考になれば幸いです。
azumiさんのブログも、今度ゆっくり拝見しにうかがいますね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP