訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物で奈良旅行 その3

写真を沢山撮りすぎて、なかなか奈良旅行の記事が終わりません。
まだ1日分も書き終わっていないしな~。
ということで、今日はサクサクっと。

法隆寺を訪れた後、大神神社(おおみわじんじゃ)に立ち寄って参拝をすることに。
大神神社(おおみわじんじゃ)は大和国一宮なのです。
三輪神社は各地にあるのですが、この大神神社が三輪神社の総本山ということになるわけですね~。

大神神社1

ちなみに最近、この大神神社はパワースポットとして有名になっているようですよ。
若い女の子が沢山お参りに来ていました。

大神神社2

大神神社の御祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)とおっしゃる蛇神様。
なので、手水舎にも蛇の彫刻が!
龍はよく見かけますが、やはり蛇というのは珍しい。
ご神体は三輪山です。
三輪山は神域になっていて、中に入れなくなっているそうです。

大神神社3

ちょうど七五三の時期だったので、可愛い着物姿のお子様が沢山参拝に来ていました。

三輪素麺

ちなみに三輪に立ち寄ったもう一つの理由・・・それは、本場三輪素麺を食してみたかったから!
冬は寒いので、冷やし素麺ではなく、温かいにゅう麺でいただきます。
奈良名物の柿の葉寿司もついてきて、美味しかったです♪
やっぱり、関西は出汁が美味しいなあ。
関東風の濃い出汁は、長い間暮らしていても、やっぱり馴染めない私です。

ランチが終わって向かった先は、飛鳥京があった「飛鳥」です。
推古天皇から持統天皇までの100年間、ここに都が置かれていたのだそう。
592年~694年までが飛鳥時代。
何だかもう、歴史が古すぎて・・・日本の歴史って長いんだなあとしみじみ思いました。

飛鳥大仏

そして、飛鳥寺には、こちらの飛鳥大仏様。
飛鳥寺を開いたのは、なんと蘇我馬子だそうです。
近くには蘇我入鹿の首塚もありまして、まさに万葉ロマンの里ですね。
万葉集の一句でも覚えていれば、もっと気分も盛り上がったのかもしれませんが・・・。

ちなみに飛鳥といえば、やはり有名なのは、「石舞台古墳」じゃないでしょうか。
飛鳥の中でも一番の観光地だったので、沢山の観光客がつめかけていました。

飛鳥人

飛鳥人の装束を纏える・・・というサービスも行われておりましてね~。
着物を着ていなかったら、私もやってみたかったです。

石舞台古墳

こちらが石舞台古墳。
思っていたよりも小さいなあと思ったのですが、これは上に盛られていた土が崩れて、石室が剥き出しになっている状態なのだそうです。

石舞台古墳2

なので、巨大な石積みの下に入れる!
中に入るとびっくりするほど広く、大きく感じました。
ちなみにこちらは、蘇我馬子のお墓だという説も。

飛鳥を一望する甘樫丘(あまかしのおか)にも登ってきましたよ。

山登り

紅葉が綺麗な丘だったのですが、長い上り坂で、下駄の私にはかなり厳しい
私の前を歩いているのが、Yちゃんのお父さん。

飛鳥丘

頑張って上った甲斐がありました!


奈良眺望

目の前には大和三山。
左側から、畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)、天香久山(あまのかぐやま)・・・だったかな?
大和三山のふもと辺りにあったのが藤原京だったとか。

飛鳥を後にして、夜は奈良ホテルでディナーをしました。
明治42年に奈良公園の中に「関西の迎賓館」として誕生したホテルです。

奈良ホテル

階段とシャンデリアが、レトロな感じで素敵♪
アインシュタイン博士が弾いたというピアノも飾られていました。

興福寺夜景

最後に、夜の興福寺を猿沢池から撮影をして、奈良旅行2日目が終わりました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

<< 着物で平城京跡を散策 | ホーム | 着物で奈良旅行 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。