訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

武田の杜 薪能

今日は武田神社の能楽殿で行われた「武田の杜薪能」に行ってきました。
甲府は昼から風が強くて、でも暑いというお天気。
ただ、日中は夏日であっても、日が暮れてから急に寒くなるので要注意なのです。

菖蒲着物1

というわけで、今日の気分で選んだ着物は、結局これになりました。
武田神社で行われる薪能だし、御祭神の武田信玄公は武門の神様。
「菖蒲」は「尚武」に通じるといいますし、派手にするよりは、ちょっとシックな方が武家っぽい感じかな~なんて思いましてね。
で、実際に着てみたら、思ったよりも地味な感じにはなりませんでした。
帯揚げは、金糸で扇が織られているもの(←舞扇って感じで)、帯締めは高麗組みのちょっと太めなものにしてみました。

菖蒲着物2

後ろ姿は、↑こんな感じで。

主人は仕事で大忙しだったので、電車とバスを乗り継いで武田神社に向かいました。
のんきに着物を着ていたら、電車の時間まであと10分になっていたので、大慌てで駅までダッシュ(←といっても、着物なので小走りな感じ)。
ギリギリで駅に到着したんですが、モバイルスイカが何故か使えなくて、ここでも慌てて切符を買いました。
原因は、あまりにも長い間使ってなかったせいで、ロックされていたようです。

バスの乗り継ぎはスムーズだったんですが、車内はとっても蒸し暑い。
着物の下にはあしべ織り肌着を着ていたので良かったんですが、それでも汗をかいてしまいました。

武田神社能楽殿

でも、日が暮れてくると、やっぱり寒くなりましたよ。
いつものファー付きストールを念のため持って行ったんですが、無かったら多分凍えてましたね。
動いている間は帯付きでも暑かったんですが、椅子に座って日陰に入った途端、首の後ろから冷え始め、さらには足許に風が吹き抜けるせいで、下半身も冷え・・・。
来年は、もっと防寒が必要だと思いました。

着物をお召しになられている方は、沢山お見かけしましたよ。
白大島、泥大島、藍大島と、大島紬をお召しになられている方が多いような感じでした。
あとは黒っぽい訪問着の方、グレーのたたき染めに友禅の訪問着の方、色無地の方などなど。
澄ました顔をしつつ、皆様の着物をこっそり観察してしまいました。

私よりずっと年配の方が多いせいもあるんですが、カラフルな染め小紋の方はお見かけしませんでしたねえ。
この着物でさえ、ちょっと派手?みたいな雰囲気でした。
もちろん、圧倒的に洋装の方が多いのですが。

そうそう、袖の無い道行をお召しになられている方をお見かけしました。
そういう上着もあるんだな~と、思わず興味津々。
6月からは単衣だし、4月で袖無しの上着は寒いだろうし・・・となると、5月限定ってことなんでしょうか?
着付け教室の教本には、あんまり上着の事が説明されてないんですよねえ。

とりあえず、今日はここまで。
「葵上」に関するレポートはまた明日書くことにします。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

<< 薪能 「葵上」 | ホーム | 薪能・・・どの着物にしようか考え中 >>


コメント

着物でお能なんてステキですね。
今の時期は日中は暑くても夜になると冷えるので、上着は必須ですね。
今回のコーデで気になったのは、帯締めの格ですかね。
平で金が使われている帯締めは格が高いので、小紋に合わせるのはちょっとミスマッチかな~?
と思いますがどうでしょう?

ユウさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 着物でお能なんてステキですね。

和なイベントに和服!ということで、一人で盛り上がっておりました。
今後もちょいちょいお能を見たいな~と思っています。

確かに、上着は必要でした。
日中が暑すぎたので、甘く見ておりましたね。
寒さに凍える方が続出で、途中で退席される方もおられましたから。
和装の方でも、レースの上着などをお召しになられた方がいらっしゃいましたが、あの寒さは凌げなかったのではないかと思います。
ベストアイテムはダウンコートだったんじゃないかとすら感じました(←実際、ダウン着てる方もいらっしゃいました)。
今後、気をつけなければな~と反省です。

> 平で金が使われている帯締めは格が高いので

この帯締め、高麗組みではありますが、金糸は使ってないものなんですよ。
淡い桃色に、裏がアイボリーと水色のグラデーションみたいな感じです。

ということは、金が入った帯揚げも使っちゃダメでしたかねv-405
扇模様のところだけ、ちょっと刺繍されたものなんですが・・・。
帯締めも帯揚げもまだ数がそろってないので、色を合わせるために使っちゃいました~。

着物の格って難しいですねえ。
上着のこともあるし、今後のためにも調べてみようと思います。
教えてくださって、ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP