訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

お花見コーデと汗対策の課題

今日は朝から黄砂の飛散がものすごかったです。
マスクをしないで外出すると、鼻はムズムズ、口の中はザラザラ・・・という感じでした。
お天気も良くないし、こういう時は家の中に引きこもっている方が良いですねえ。

さて、先日のお花見に着ていった着物のコーディネート。

お花見コーデ

バラ柄の十日町紬に、牡丹?のような唐花模様のアンティーク帯です。

バラ十日町紬

もともとバラ柄は大好きなのですが、この着物のバラは、我が家のブルームーンにちょっと色合いや形が似ているので、どうしても欲しくなった1枚です。
ほんのりと青みがかった紫色なのですよ。

これを見つけた当時はお金が無くて、泣く泣く諦めたんですよね。
サイズも、一番需要が多いサイズだし、ダメージも全然無いし、きっとすぐに売れちゃうだろう。
買えなかったってことは、縁が無かったということなんだ・・・と自分に言い聞かせておりました。

ところが、ところが!!
その後、何故かこの着物が奇跡的に売れ残っていて、さらにはバーゲン価格になって、私のもとにやってきたのです。
これぞ神の奇跡! ザ・ミラクル!!
届いた時には小躍りして喜んでしまいました。
大げさではありますが、運命の出会いに感謝!!!なのでした。

まあ、こういう不思議な奇跡って、着物好きな人には時々起こるみたいですけれどね。
大事にしてくれそうな人のところへ、着物がやってくる・・・みたいな。
なので、この着物は私を選んでくれたんだわ♪と思うと、とっても嬉しい気分になりました。
大事にしてあげなきゃって思いますよね。
ただそう考えると、我が家にある着物たちはみな、向こうからやって来てくれたんだと思うので、どれも大事にしなきゃと思うのです。

話がちょっとそれましたが・・・。

お花見にこの着物を着ていった時、甲府は20℃以上の気温でしたが、河口湖は寒いくらいでした。
ところが、家に帰って脱いでみたら、背中に汗が染みこんでいたのです。
汗対策&寒さ対策として、あしべ織りの肌着にふだん着用正絹長襦袢を着込んでいたんですが、それでも吸いきれなかった汗が着物にまでしみておりました。
本人は汗をかいていることに気づかなかったんですけれど
汗抜きに出さなきゃな~と思うわけなのですが、あのくらいの気温で汗だくになってしまうとすれば、真夏はどーすんだ?と心配になりました

袷の着物で暑かったかといえば、ちょうど良いと思えるくらいの気温だったのですが、それでも汗対策は万全じゃなかったらしい。
5月に入って、すでに夏かと思うような日が続いていますが、袷の着物はシンドイかもなあと思います。
毎日着物姿でお仕事をされている方(←旅館の女将とか)って、どうしてるんでしょうね・・・汗対策。
汗抜きにだけ出すんでしょうか?
う~ん。聞いてみたい。

洗える着物なら考える必要も無いことなのですが、やっぱり絹モノ大好きな私としては、汗対策はもっと研究しなければならない課題のようです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

<< 可愛いのでつい買ってしまった♪ | ホーム | 河口湖方面に今年最後のお花見へ(3) >>


コメント

 十日町紬、春らしいあゆさんにぴったりのお着物ですね。

 アンティーク帯の紫、そして唐草模様、大好きです。着付けも着なれた感じですてきですよ~。v-238

 汗対策は、なかなか難しいですね。もう汗をかかれてしっまたんですね。まずは、固く絞ったタオルで背中の汗をかいた部分に押し当てて、汗を吸い取り、ハンガーに干すことですね。

 これからの対策ですよね。あしべ織肌着をきても汗が吸い取られていないということは、汗を多くかいている部位は、肩甲骨の上、上部ということですかね?
手ごわいですね。

私はお江戸の夏の時は、どうしてたかな?
 礼装などのいいお着物は、あしべ織に絽の襦袢ですけど、 それ以外の基本は、長襦袢は、木綿のうそつき襦袢にしてるので、和装ブラにこれ一枚という時も多いのですが、真夏は、楊柳の肌着(洋服用)を着てからうそつきを着たり、麻の襦袢を着たりしています。なるべく着物の下に汗を吸い取らせるように真夏になったら重ねるみたいに。
 そして、真夏に大事な着物の時は、なるべく歩かないようにしていました。移動は駅までタクシー、冷房の利いた場所になるべくいる。歩く時は、麻などの自分で洗える着物にしていました。

 体感って人によってさまざまだから、私のは参考にならないとおもいますが、ベテランの女優さんとか、着物を着たら汗をかかないように体がなってると聞いたこともありますよ。

 もう、5月でお江戸だったら、単衣ですね。

ムーコさんへ♪

コメントありがとうございます。

このバラ柄の十日町紬はお気に入りなので、褒めていただけると嬉しいです。
全体的に淡い色合いなので、やっぱり春の雰囲気ですよね。
我が家のバラも、蕾をつけて、そろそろ咲きそうな感じですよ。

汗対策、教えてくださってありがとうございます。
いや~。あんなに涼しかったのに、あれほど汗をかくとは思ってもおりませんでした。
あしべ織の部分と、麻の部分の継ぎ目から、汗がしみ出ていたような感じなんですよ。
ちょうどお太鼓の下辺りなので、やっぱり帯を背負った部分は熱くなるってことなんでしょうね。

「歩かない」というのは究極ですね(笑)。
確かに動かなければ、汗もかきませんものね~。
でも、今年の夏はどこも節電で、多分クーラーの設定温度もかなり高い・・・ハズ。
そうなると、私はきっと、座っているだけで汗だくになっているような気がします。

着物を着たら、汗をかかないって・・・女優さんは凄い体ですね!
さすがにそんな体にはなれませんが、さらに汗対策を考えて、できるだけ着物へのダメージを減らすよう努力しようと思ってます。
ユニクロサラファインを重ね着してみたり?
着物歴2年目の課題は、「汗対策」になりそうな感じです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP