訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来月は薪能へ

来月、5月14日、武田神社で行われる薪能に行くことにしました。
演目は、舞囃子「小袖曽我」・狂言「素袍落」・能「葵上」です。
東北関東大震災のチャリティ公演になったそうなので、余計に嬉しいなあ。

薪能


能を鑑賞するのは久しぶりで、最後に行ったのは「はて、いつだった?」と思い出せないくらい前のこと。
結婚する前のことなので、3年以上は経っているはず。
5年前くらい? 薪能はもっと久しぶりだな~。

と・・・ここまで書いて、結婚記念日が5月21日だったのを思い出しました。
指輪の裏見てちゃんと確認したら、5月20日だった
結婚して3年目になろうとするのに、この有り様です。

とりあえず、話を戻して・・・。

今回の薪能には、絶対に着物を着ていくぞ!と決めました。
それまでは、洋服でちゃらっと行っておりましたが、着物を自分で着られるようになったのだから、これからは着物でGO!ですよ。
能は季節によって演目が決まっているものもあるほどなので、着物を着ていく「場」としては、これほど感性を磨く練習になる所は無いんじゃなかろうかと思ったりもします。
夜に行われる薪能なので、周りの風景や雰囲気もいろいろ考えたり。

能に関しては、今後ちょっとマジメにお勉強しようと思っているので、月に1度の講演にもでかけることにしました。
この講演の時も着物で出かけるつもりですが、こっちもいろいろコーデを考えなきゃな~。
悪目立ちをしないようにしないと。
とにかく、どちらも今からもの凄い楽しみです!

さて、今回の演目は「葵上」なので・・・

葵袋帯

葵柄の袋帯をお仕立てしました。
帯、初お仕立てです! ついでに染め帯です!!
今回の薪能の着物コーデは、もちろんこの帯が主役♪

ちなみに、タイトルは「葵上」ですが、シテ(主役)は怨霊となった六条御息所(みやすどころ)です。
(題材となっているのは「源氏物語」・・・書かなくてもいいくらい有名ですね)
葵上その人は登場せず、白い小袖で伏せっている姿が表現されます。
極限まで無駄を削ぎ落とした能ならではの表現ではないでしょうか。

なので、最初は「白系の着物に、葵の帯」というコーデを考えたんですが・・・それじゃ、祟られる葵上になってしまうだろうと、考え直し中。
まあ、それも面白いかもしれませんけれどね

手持ちの本によると「葵上」は季節不定の演目なのだそうですが、京都三大祭のひとつ賀茂祭(葵祭)が5月15日なので、今回はそれに合わせてあるのかな~と思いました。
六条御息所が葵上を恨む原因となったのが、この賀茂祭での「車争いの事件」なので、この時期にはぴったり。
女の情念やら嫉妬を描いた演目ですけれどね。

語り始めると止まらないので、今日はここまで。
今後また、能については素人目線でいろいろ語っちゃおうかなあと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

<< サイズが合わない着物ばかり・・・ | ホーム | 暑すぎる今日は、ポリの単小紋 >>


コメント

まあ!
あゆさんも、お能が好きなんですかっ!!
私も大好きなんですが、ずいぶん観てません。(涙)

薪能、行きたいけど・・・夜遅い時間に山を越えるのは、ちょっと怖いですねぇ。

お能がらみの帯を見つけると、欲しくなりますね。
「道成寺」「橋弁慶」の染め帯を持ってますが、
そういえば、まだ締めたことありません。


能を見る機会があるんですね。うらやましいです。まだ一度も能を見たことはありません。狂言はちょっとあるんですが・・・。
良いお着物着て、能を見るために上品にまとめて出かけたいですね。でも、能って難しそう・・・?
 能の解説も期待しています。

 お誂え帯、素敵です。葵の柄って大好きです。母の昔帯にもありましたが、ちょっとキンキラ昔風で、締められるかわかりませんが、あゆさんのこの帯は、現代風でいろんなお着物に合いそうですね。
 とっても楽しみです。

沖のかもめさんへ

コメントありがとうございます。

かもめさんもお能、お好きなんですね~。
武田神社の薪能、おすすめですよ!(←まだ行ってないけど)
去年、石和でもやっていたような気がします(←行けなかったけど)。

でも確かに、夜の山越えは怖いですよねえ。

> お能がらみの帯を見つけると、欲しくなりますね。

私はどちらかというと、あれは苦手なんです(笑)。
以前、翁の面がお太鼓柄になっているのを見て、「怖すぎ!」と思いました。
なので、演目の雰囲気に合いそうなコーデを考えなきゃなあと思ってます。

ムーコさんへ

コメントありがとうございます。

東京にいた頃の方が、見る機会はやっぱり多かったです。
国立能楽堂とかで定例能などを年中やっておりますしねえ。
山梨はチャンスが限られているので、今後はできるだけ出かけたいなあと考えています。

お能は・・・眠くなる演目も確かにありますね!
私もカクンってなったことがありますよ。
でも、歌舞伎よりは能の方が相性良いので、また行きたいなあと思います。

ちなみに東北地方、山形県の鶴岡市に、有名な「黒川能」というのがあります。
重要無形文化財になっていたと思うんですが・・・。
観世など五流で代表される能楽は、武家の式楽として発展したのですが、この黒川能は農民の間に伝わっていたものなので、昔ながらの素朴な雰囲気が楽しめるそうです。
私も観たことないんですが、死ぬ前に一度は観てみたいです!
すみません・・・つい語ってしまいました(笑)。

ムーコさんの葵の帯、素敵ですよ~♪
私も本当は織りの帯を探していたんですが、見つからなかったのでこの染め帯になりました。
でも染め帯は手持ちが少ないので、重宝するかな~と思ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。