訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

改めて着物について考える

昨日、近くのショッピングセンターに買い物に出かけたら、今までと変わらない風景がありました。
ちゃんとオシャレをした女の子たちが、春物の洋服を探していたり、のんびりアイスクリームを食べていたり。
当たり前の風景なんだけれど、何となくほっとします。
そう言えば、主人の整体院に東京から来られている患者さんが、「山梨はのんびりしていて良いですね」って言っていたそうです。
飲料水の問題もあるし、東京の方がまだまだ落ち着かないのかもしれません。

そんな日常の風景を見て気が抜けたところで、ふと「着物」について改めて考えてみました。
「ふだん着物」を目指していたはずなのに、自分にしっかり身についていなかったのだな~と、つくづく思います。
今回の震災で、着物を着る気にならなかったというのは、やっぱり日常着ではなくて、オシャレ着というか贅沢品というか、そういう意識が自分の中に根強くにあったのだろうと。
洋服よりもハードルがまだまだ高いから、緊急事態が起こると、今まで通りの習慣に戻ってしまうんですね。
自粛ムードが強くても、家の中で木綿とかウールとか、そういうふだん着物を普段着としてお召しになられている方は、本当に尊敬したします。
震災でご苦労されている方が大勢いらっしゃいますが、それでも被災していない地域の人に向かって「洋服を着るな」とは誰も言わないでしょう。
日常着としての洋服があるなら、着物があってもよかろうと思うわけです。
今さらですが、それが「ふだん着物」なんじゃないかと。
(・・・とは言え、世間からどう見られるか、というのもありますけれどね)

まあ、マルポチャはまだ着物歴一年未満の着物初心者なので、「ふだん着物」の境地には全然立てておりません。
しかしながら、今後少しずつ、着物が日常に溶け込むような生活になれば良いなあという野望は捨てていないのです。
やっぱり着物が好きだ~♪と感じておりますから。

3月11日の地震が起こる前、このブログも、着物ブログに完全シフトさせようと思って、テンプレートを変えたりしていたのですよ。
ブログタイトルも短くしてみたり。
これからどんな着物ライフを送ろうか・・・とつらつら考えていて、ふっと頭に閃いた事がありました。
もっと自分らしいコーディネートを表現してみたいと。
感覚としては、デザインとか絵を描きたいというような感じです。
それまでは好きな着物を好きなようにコーディネートしていたんですが、その中に「テーマ」を持たせてみたいと思いました。
そう思ったら、欲しい着物も一気に変わって、好きなものから、表現できるようなものが欲しいと感じました。
なかなかピンとくるような着物は無いんです。
それでも、そういうものを探している時間が、今までよりもずっと楽しくなっていました。

さらに、どうせならもっと綺麗に着たいというような欲求も強くなり、肌着とか長襦袢とか、そういう物も見直したいと思っていました。
着物の奥深さに改めて気づいた・・・というか。

夏用の長襦袢をどうしよう。洗える素材が良いな~と思って、ポリの長襦袢反物を2本ほど買いました。
↓それがこれ。

シルック長襦袢

東レシルックがポリ素材の中では良いということで探していたら、お買い得品を見つけてしまって。
ちょっと派手ですが、手持ちの長襦袢がフォーマルっぽいのが多いので、こういうカジュアルな感じも良かろうと思ったんですよね。
着物のお仕立ては延期中だけど、長襦袢は良いかと思って、さあ仕立てに出すぞ!という時に、あの地震が起こりました。
それからはもう、着物のことは頭からすっ飛んでいった感があります。

お仕立て代に取ってあったお金は募金したので使えないんですが、う~ん、やっぱり単の時期の洗える長襦袢は欲しいなあ。
無くなるものではないので、もうちょっと保留かなあ。

被災していない人が消費活動をして、経済を回していかないと、日本経済は立ち直らないそうです。
とはいえ私は、洋服が欲しいとは最近全然思わないので、何か買うとしたら着物絡みになりそうな感じ。
とっても素敵なショップを見つけて、ワクワクしていたんですよね。
今まではリサイクル着物ばかりに目が行っていたけれど、そこの反物はマルポチャの好みにドンぴしゃで、一気にファンになりました。

あと、木綿着物も欲しい!
今年の夏は節電しなきゃいけないことを考えると、洗える着物は重宝しますよね。
浴衣も欲しいなあ・・・。

というわけで、結局のところ、マルポチャの物欲は止まることを知らず、今は頭の中でいろいろ妄想だけして楽しんでいます。
長い緊張状態というのは続かないので、気が緩んだ時にこそ何か自分の好きなことを考えなければ。
関東も、牛乳や野菜、水などの問題でピリピリしていますが、こういう時は平常心を保ちつつ、過剰反応しないようにしなければとも思います(←小さなお子さんがいるお母さんは大変です)。
買いだめとか、やっぱりダメですね。

そうそう、他の着物ブログにも、そろそろ遊びに行こうかな~と思い始めているところです。
しばらく自粛していたんですが、東北復興のためにも、みんなで元気を出して頑張らなければ!
「着物は日本の文化だ!」「日本人の誇りだ!」といろいろ大義名分を考えてみたりもしましたが、結局、好きなことを楽しくやるのが一番なんじゃないかと思うわけです。
もちろん、今もご苦労をされている方の事は重々心に留めつつ・・・。

あらら、今回もまた長文になってしまいました。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。
自分の思ったことを書いておりますので、もし不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
しかしながら、私が言いたいことはただ一つ。

着物も含めて、やはり日本という国が好きだ!ということなのです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

<< 笑顔を忘れないように | ホーム | 静岡で地震!? >>


コメント

こんばんは~。
私もマルポチャさんと同じこと考えてました。
私たちが上を向き、普通に暮らしていく中で、できることをやり遂げ、経済を回すことが今は大事と・・・。
それから着物の自粛。私もしてました。
ということは、普段着の着物と言いながら、どこかで特別なものという意識があったからだと思います。
でも考えてみると、着物の自粛っていっても自分の中だけのことで、誰もわからないんですけどねっ!
着物も最近ぼちぼち着始めてます。
1週間ぶりに着てみると、改めて着物が好きって実感できましたよ!

夏用の長襦袢、楽しみですね!
カジュアル着物のマルポチャさんも早く見たいで~す♪

あ!ほんとうですねータイトルが変わっていますね!
気づかずにすみませんでした。
リンク名を変更します!

さて,ワタシ自身はまだ着物を着る気持ちにはなれていません。。。
まだ気に病むことがあるからだと思っています。
でも,着物に関するみなさんのBlogは気分転換になるので
拝読させていただいてます♪
ありがたいことです。

ワタシにとって着物は・・・ある意味特別です。
着物に袖を通す時,ワタシはそれなりの「気持ち」を要します。
よって,部屋着ほどのものとして
まだ考えられないのです..
木綿やウールといった着物を1枚しか持っていないということもあるのかなぁ...
しかしこの「ふだん」という考え方にも
きっと人によって幅があるのではないかと思っています。


先日帰省したとき
「こんな時に着物を着るような...そんな浮かれた気持ちになれるもんか」と
とある人が言っていました.
着物をそうとらえる方もいるのですよね。

着物が好きで,着物は日本の服であり
日常生活で身に付けて何がおかしいの?と理解している者としては
心が苦しくなりました。
でも,もしそのとき自分が「着物を着たい」と思っていても
その思いは貫けなかったと思います。
実際,不快感を感じる人がそばにいればなおさらのことでした。
着物を好きだからなおさら...複雑な心境です。

いつから着物は
そのように認識されるようになったのでしょうね。
数十年前までは日本の普通の装いだったはずなのに。


>もし不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

ワタシは不快に思ってはいませんよぉ^0^*
ただ...日記(ブログ)って難しいものですね.
こうして一般公開している以上,
ワタシもある程度のリスクは想定して気をつけて記していますが
想定外の受け取り方をされる方って必ずいるのでしょうね。

「募金をした」と日記に記せば「偽善者」と思われることもあるようですね...

気にしすぎていては何もできませんが
こうして公開している以上は
最大限の配慮をして文章を記すことを
常に肝に銘じておかねばなりませんね.
ワタシの日記でもし何かお気づきのことがあったら
ぜひご指導をよろしくお願いいたします.

あ,そうだ!
先日,マルポチャさんにもご協力いただいた
アウトドア義援隊の活動報告がUpされています!
ありがとうございます♪

http://about.montbell.jp/release/disp.php?infomation_id=147

(長文,失礼いたしました!)

mamesukeさんへ

コメントありがとうございます。

mamesukeさんは、いつも着物生活をされているので、マルポチャよりも「ふだん着物」について考えておられたんじゃないかと思います。
それでも自粛というか、着物を着る気になれなかったというのは、それほど震災の衝撃が大きかったのだろうとも思います。
ブログを自粛されている方も多いですし・・・。

> 私たちが上を向き、普通に暮らしていく中で、できることをやり遂げ、経済を回すことが今は大事と・・・。

着物好きな方って、今の世の中では少数派だと思うんですよね。
その人たちがみんな自粛に走ったら、着物関係で生活をされている方たちは困るだろうと思いました。
実際、デパートは売り上げが落ち込んでいるようです。
「着物=晴れ着」と考える人の方が圧倒的に多いでしょうから、洋服以上に買い控えが起こるんじゃないかと考えました。
なので、日常的に着物を着ている人たちが、着物から一斉に離れてしまうと、影響が大きくなるんじゃないかとも心配します。
杞憂であれば良いんですけれどね。

とは言えマルポチャも、頭の中ではそう考えつつも、実際に着物を着るところまでは至っていないのです。
今も引きこもり中で、でかける用事もほとんど無いですから、余計にです。
それなのに欲しいものは後から後から出てきます。
そんな自分を眺めてみると、今回の記事のような事を考えます。
自問自答を延々と繰り返しているような感じ。

でも、いつも着物を着られている人には、頑張ってもらいたいと思っているんですよ。
mamesukeさんのブログにも遊びに行かせていただきますね。
木綿着物欲しいな~とか、妄想を膨らませつつ、楽しませていただきます。

桜が咲く頃には、やっぱり一度くらいは着物が着たいですね!
大義名分になるイベント(子供の入学式とか)があれば良いな~と考えてしまうマルポチャは、やっぱり、まだまだヘタレです。
言い訳を探さなくても良いくらい、着物に馴染みたいなあと思います。
着られてないけど、着物が好きだ!というのは変わりませんからね。
自分なりの「時」を待とうと思っています。

はまぞぉさんへ

コメントありがとうございました。

そうなんです、タイトル変えたのですよ~。
お知らせする前に地震が起こったので、そのままになってしまいました。
リンク名変更、ご迷惑をおかけしました。

> さて,ワタシ自身はまだ着物を着る気持ちにはなれていません。。。

はまぞぉさんのお気持ち、よく判ります。
マルポチャも、今後の目標というような感じでブログに書いたものの、実際にはまだ一度も着物に袖を通せてはいないんです。
私的には、おそらく原発事故の収束が、気分的なひとつのきっかけになろうかと思っています。
これが一段落しないかぎり、災害はまだ続いていて、復興に向けて歩き出す・・・というところには至っていないと感じているからです。
ただ、これはあくまでも私のきっかけであって、別の考え方をされる人は沢山いると思います。

> しかしこの「ふだん」という考え方にも
> きっと人によって幅があるのではないかと思っています。

それで良いのではないかと思いますよ。
みんなそれぞれの考え方で、気負わず、楽しく着物ライフを送れれば。
マルポチャは、もうちょっと着物率を上げたいと思っているんですけれどね(笑)。
じゃないと、「女としてど~よ?」みたいな感じになりつつあるので。

> 「こんな時に着物を着るような...そんな浮かれた気持ちになれるもんか」とある人が言っていました.

この気持ちもちょっと判るんです。
マルポチャも、最初の数日はまさにこれでした。
刻々と悪化する状況をニュースで見ながら、食欲が無くなり、寝られなくなり、お腹の調子も悪かった。
そのせいで、体重が一気に2㎏落ちました。
そういう時って、精神的に余裕が無くなるんですよね。
それまでワクワクしていた着物についても、全く考えることができなくなってました。
その方も、いろんな事で心を痛められていて、余裕が無くなっていたんじゃないかと思います。
そういう意識が集まって、きっと「自粛ムード」ができあがるんでしょうし。

> 着物をそうとらえる方もいるのですよね。

なので、一時的なものですよ、きっと。
少しずつ日本全体に余裕が戻ってくれば、そういう意見も自然に消えると思います。
日本全体が平静ではいられない、そんな非常事態です。
震災や原発事故を身近に感じれば感じるほど、精神的に追いつめられたんじゃないかと思います。

> いつから着物はそのように認識されるようになったのでしょうね。
> 数十年前までは日本の普通の装いだったはずなのに。

これは、全くその通りだと思います。
マルポチャも、「着物=晴れ着」という感覚が抜けていないという実感が今回ありました。
そして恐らく、日本人の多くの方がこういう認識なのではないかと。
成人式とか結婚式など、特別な日だけに着る衣裳・・・とでもいうのか。
だからなおさら、今後「ふだん着物」というものを広められたら良いなあと思うのです。

> ただ...日記(ブログ)って難しいものですね.

そうですね。
言葉の使い方って、本当に難しいものだと思います。
特にこういう時期ですから、ふだんなら気に留めないような些細な事が気に触ったり。
ブログやツイッターなど、自分の思いを気軽に発信できるからこそ、自分の意見や言葉に責任を持たなければいけないのだろうなあと、日々自戒しております。

ちなみに、マルポチャが尊敬する人が以前、こんな事を言っていました。

「心無い言葉を書いたり、語ってはいけません。
言葉に愛が無ければ、文章でも話し言葉でも人を傷つけます。
相手に対して常に愛情をもって接し、温かく見守ること。
そして心を閉ざした人にさえ、愛をもって、考えを強要しないことが大切です」

獣医やっていた時、自分に言い聞かせていました。
ただでさえ批判精神旺盛なので、自戒をこめつつ。
ブログでも同じなのかなあと思っています。

> 「募金をした」と日記に記せば「偽善者」と思われることもあるようですね...

これに関しては、放っておきましょう・・・と言いたいです。
自分にやれることをやれば良いと思います。
マルポチャは、ブログに記すことで、募金をしようと思う人が少しでも増えれば良いと思って書きました。
言われなくてもやってるよ!という人が多いのも、それはそれで良いと思います。
一番悲しいのは、批判ばかりして自分では何もしない人、無関心な人ばかりな「日本」だった場合。
だけど今回、そうではない事が判りました。
日本もまだまだ大丈夫だ!と思えるのは、喜ばしいことですよね。

> アウトドア義援隊の活動報告がUpされています!

わざわざのお知らせ、ありがとうございました。
早速拝見してきましたよ。
皆さんが頑張ってくれて、本当に感謝・感謝です。

こちらこそ、長々としたレスになってしまってすみませんでした。
長文癖、治らないんですよね~(笑)。
まだまだ落ち着かない日が続きますが、できるだけ平常心で、自分にやれる事をやっていきましょう。
着物もそのうち着られるようになりますよ。
ただ今は、それぞれの思いが、落ち着きどころを探しているんじゃないのかな~と感じています。

マルポチャさんへ

こんばんは!
やっと頭の整理もぼちぼちついてきて、休止していたキモノブログを再開しようかなあと思い始めました。

地震が起きたとき、まずキモノブログのみなさんのお住まいの場所のことが頭をよぎりました。
マルポチャさんもたしかお近くだったかも?って。
大変でしたね。苦労されている地域の方にはいつもなんていって声をかけていいのかわかりません。

私もしっかり考えて、出来る限りの行動を起こしました。
マルポチャさんの何に対しても真摯なところ素敵だなと思います。
着物は4回着ました。稽古の時と普段に2回ずつ。
私の場合はブログは自粛していましたが着物は自粛しませんでした。
多分普段から地味な着物ばかりなので、だれも私の着物を気に留めていないんだと思いました。
着物を着ていると不思議と癒されるというか守られている感じがして気持ちもピシャっとなりました。やっぱり着物はいいな。
そんな感じで粛々と日常を過ごしています。

私も募金して着物を買うお金がなくなりましたw
だから今ある分でぼちぼち長い目で着物生活すすめていこうと思います。
でもさしあたって夏物必要ですね!
長襦袢の色柄いいですね、明るくてお洒落だな。

がんばっていきましょう~!

ヒカル

ヒカルさんへ

コメントありがとうございました。

キモノブログ再開されるんですね。
自粛されたのは残念だなあと思っていたのですが、非常時だけに仕方がないかも・・・とも感じておりました。
皆さんそれぞれに考えておられたわけですからね。
私も、直後は着物について何か書くという気にはなれませんでした。
やっと少し気持ちも落ち着いてきたかなと思います。

山梨も揺れは大きかったんですが、東北や茨城などの被災地や、そして交通網が麻痺してしまった東京に比べれば、ずっとずっとマシでした(←一部で停電などの被害は出ていますが)。
でも、心配していただいて、ありがとうございます。

ヒカルさんは笑顔が素敵なので、周りの方はきっと安心されたでしょうね。
仏教の教えに「顔施」というのがありますが、まさにそれではないでしょうか。
どうぞ、その笑顔を大切になさってくださいね。
その笑顔で安心できたり、幸せな気分になれたりする人もいらっしゃるでしょうから。

そして笑顔だけでなく、実際にいろいろと行動されたようですね。
被災地を思って、一生懸命に考え、できることをやられたのは素晴らしいことだと思います。
その上、着物も着られていたなんて、凄いですよ~。
マルポチャも見習わなければいけないですね。
寒すぎて、モコモコに着膨れてしまっていますよ。
寒がりータなので、家の中でもダウンコート着込んでおりますし(笑)。

できることから頑張らなきゃですね。
お互いに、また明日から頑張りましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP