訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

帯枕の位置

昨日、以前の自分の着姿と、今の着姿の違いにちょっと驚いていたのですが・・・。
そうなると急に帯がちゃんと結べているのかどうか気になり始めました。
着付け教室で教えてもらった時は、帯枕の位置をかなり高くしていたんですが、何となく苦しい感じがするな~と思っていたんですよね。
なので、着付け教室をやめてからは、自分が楽でいられるような着方に変わってきました。

・・・が、しかし、これで本当に良いのか?と心配になり、改めて試行錯誤することに。

↓これが以前の着姿。
帯枕の位置がかなり高いのです。そのせいか、浮いているような感じあり。
前帯もバストのすぐ下なので、かなり締め付けられ感があって、苦しそうに見えませんか?

紅葉コーデ2

というわけで、比較のため、同じ着物を着てみることにしました。
あ、でも帯は、ご近所の骨董屋さんで買った紬帯に変えました。
今日、図書館の帰りに立ち寄って見つけてしまったんですよ~
綺麗なのに何と500円! ざっくりしていて、ふだん着物にぴったり~な感じなのです。

派手ウール小紋1

しかし、完全なる同系色コーデになってしまいました。
あと、いつもはもっと足許をカットするんですが、今日はバランスを比べるために、床まで入れてます。
ちょっと見苦しい感じですが、ご容赦くださいね~。

後ろ姿も、今日はデカデカと。
紺のレース模様紬帯に比べるとしっかりしているので、形は決めやすかったです。
ちょっとお太鼓が大きかったかな?

派手ウール小紋2

で、問題なのは、帯枕を背中のどこに持っていけばいいのか?ということ。
今さら何を・・・と思われるかもしれませんが、着物初心者のマルポチャにとっては、まだまだ不安が残っていた問題なのです
どうせ着物を着るなら、できるだけ綺麗に着たいじゃないですか。
若い人は帯枕を背中の上の方に・・・と言われていたので、前は頑張って上げていたけど、やっぱり肩が動かし辛くて苦しい。
今回、改めて着付け教室で買わされた教本を見ても、「帯枕を背中に乗せてぴったり添わせる」みたいな事しか書いてないし!
背中のどこじゃ~~!!と、思わず突っ込んでしまいました

背中にぴったり添わせて、できるだけ上に上げようとしても、肩甲骨が邪魔で上がらない。
もしかして、肩甲骨の間のくぼみを補正をして、その上に乗せるようにするのかなあ?
色々悩んだあげく、らちが明かないので、謎を解明しに図書館へGO!
着物関係の本をパラパラとめくっていたら、ありましたよ、マルポチャの謎に答えてくれる本が

一人でできる着付け革命―どんな体型の人も華奢に見える着付け技 (家庭画報特選 きものサロンMOOK)一人でできる着付け革命―どんな体型の人も華奢に見える着付け技 (家庭画報特選 きものサロンMOOK)
(2007/09)
不明

商品詳細を見る


それが、↑こちらの本。
おや~? これ、前にも借りて読んだな~。
以前、着物ブログ「start! kimono life」のヒカルさんが紹介されていた本で、マルポチャも図書館で借りて読んだのですが、期限が来たので返却したんですよね。
それっきり忘れていたのですが、またここでお世話になるとは

帯枕の位置

え~と、この本によると、

帯山は肩甲骨の下に合わせ、帯の決め線は骨盤の上あたりに。
たれの下端は尾骨のあたりに合わせます。


ということらしい。

なるほど、やはり肩甲骨の上に乗っけなくて良かったのか~、と安心しました。
このくらい細かく教えてくれる方が、初心者的には分かりやすいなあ。
他にもいろいろ参考になる事が多いので、この本は購入することにしました。
気になることがあったら、またすぐに手に取りたい・・・そんな感じの本です。

ある程度着物は着られるけど、まだまだ分からない事が沢山ある!という方にオススメしますよ。
もちろん全然着られないという人でも分かりやすいとは思うのですが、着ていくうちに分からなくなった事を再確認できる良い本です。
着付け教室の教本は、あんまり親切じゃなかったしな~。
7000円以上する高い本だったのに・・・
帯結びは沢山載っているけど、基本はさら~っと流してある感じでした。

でもとりあえず悩みは解消したので、今後は帯枕の位置で悩まなくても良くなりました。
誰かに聞かれても、自信を持って答えられるし。

まあ、分かってしまえば大した問題じゃないんですが、基本は重要ですよね
言われるがまま覚えているのと、自分で納得したものでは、理解度が違います。

というわけで、一件落着です

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


<< 春色の御召に蝶の染め帯コーデ | ホーム | カジュアル紬着物をコーディネート >>


コメント

No title

マルポチャさん~こんばんは♪

帯の位置、私も悩みました!
着物教室でわたしもおんなじ!上の方で結ぶよう習いましたが、肩甲骨じゃまやん!と(笑)。

この本は細かいところまで説明されてて安心できますよね。
私ももちろん最初は図書館で借りてすぐ買いましたw

帯の位置、だんだん下がってきますよね。わたしもぐっと下の方です。
腰骨のあたり帯の下線をぐっと締めて、みぞおちあたりはゆるゆるにしてます。
最近は胸と帯の間の空間にハンドタオル程度のゆるい補正(挟むだけ)入れるようにしたらバストの大きさが気にならなくなりましたー!嬉しい。

日々、観察と練習ですねー。
マルポチャさん研究熱心で素晴らしいです!

というか500円の帯、いいな♪素敵です。

ヒカル

No title

 私もこの本持っていますよ。「笹島寿美」さんの本ですね。もう一つ笹島さんの本で「キモノを着こなすコツ」神無書房、もとてもわかりやすく、骨格から科学的に説明してくれて、ずいぶん理解した気がします。 

 私も以前、沢山本を読んだのですが、もう大分忘れたことも多いのですが、今自分では、帯枕は、胴に巻いた帯の上に乗っけるというか、引っかけるのが安定してると思うので、それ以外の位置に持ってこようにも、それ以外では結べないと思っています。

 マルポチャさんが、楽で着やすい着方がベストなんだと思いますね。
 
 その人の骨格というか体型ですかね、それに合わせてしか着られないと思いますね。結局、若い方は、バストトップも高いし、ヒップ位置も高いので、必然的に、帯も、おたいこの位置も高くなるとおもいます。私が無理してお太鼓をあげても下がってくると思うんですよね。
 コンサルタント試験で、ふくら雀の自装があるのですが、若いお嬢さんという設定ですので、福良雀を高く結ばなければならないのですが、おばさん体型にはやはり無理がありました。下がってしまうというか、高い位置に結ぶことは難しかったことを覚えています。バストの上に帯巻いていましたよ。ハハハ・・・。
 私もまだまだ課題があって、襟袷をゆったり、半襟をもう数ミリ多く出すには?帯もゆったり見えるようにとか・・・日々研究中です。

No title

読みながら「そうそう、そうなの~」とうなづいていましたv-356

着付け教室では一律に教わるので、その先生の
着こなしと同じに仕上がるんですよね。
個々の体型や持っている雰囲気はそれぞれ違うのに
同じ高さ・同じ形に着るのでどうしても違和感が残って
いました。

習った先生の着こなし方が自分の理想とする気姿なら
よかったのでしょうけれど、なかなかそういうわけにはいきません。

研究熱心なマルポチャさんのおかげで私も救われそうですv-411

さっそくその本、探してみます♪

ヒカルさんへ♪

やっぱり、同じところでお悩みの方、いらっしゃるんですね~。
何だかちょっとホッとしましたよv-398
何を今さら・・・と笑われるのではないかと思いましたからねえ。

この本、ヒカルさんに教えていただいて、本当に助かりました!
今後のことも考えて、買っちゃいましたよ~♪

> 最近は胸と帯の間の空間にハンドタオル程度のゆるい補正(挟むだけ)入れるようにしたらバストの大きさが気にならなくなりましたー!嬉しい。

ヒカルさん、グラマラスでございますものね~。
マルポチャも胸のあたりは似たような感じの補正ですよ。
最近はウエスト~ヒップの補正に、タオル&さらしを使い始めました。
何も無いよりは、やはり帯が安定しますねえ。

マルポチャは、特に研究熱心というほどじゃないんですが、一度気になると、落ち着かなくて。
こうやってブログに写真をアップしていなければ、気づくこともなかったのかもしれませんね。
記録しておくのも重要だなあと思いました。

500円の帯、派手ですが、ふだん使いに良さそうですよ。
他にもあったので目をつけているんですが、誰も買わないだろうからと思い保留中です。
そのうち、また増えるかもしれませんv-398

ムーコさんへ♪

おお、ムーコさんも、この本お持ちですか!
マルポチャは、もともと体の動きとかに興味があったので、この本ですごく納得しました。
骨格は人それぞれですし、変えられませんからね~。
マニュアル通りの着付けだと、何となく無理があるような気もしましたし。

とはいえ、他装となるとまた話が変わってくるのかもしれませんね。
若いお嬢さんの振袖姿などを見ていると、帯は上にある方が可愛いなあとも思いますし。
変わり結びがあまり下の方になると、かな~り野暮ったくも見えますし。

着物好きなムーコさん、着付けのお勉強を沢山していて凄いです。
好きなことを学ぶのって、やっぱり楽しいですよね。

momomomoさんへ♪

momomomoさんも同じ事をお悩みでしたか~。
少しでも参考になるような事があれば嬉しいです。
ほとんどバカにされるのを覚悟で書きましたからねえv-411
着物初心者の悩み・・・みたいな感じで。
まあ、何事もそうだと思いますが、ベテラン見れば当たり前の事を、「何で? 何で?」と聞けるのは初心者ならではの強みだと思ってます。

> 習った先生の着こなし方が自分の理想とする気姿なら
> よかったのでしょうけれど、なかなかそういうわけにはいきません。

↑これ、その通りですよね。
今なら着付けが美しい先生かどうかを見定めたりするんでしょうけれど、完全初心者に選ぶことなんてできませんから。
どれも同じだろう・・・と思っていたら、全然違った!なんてことになるのでしょうし。
次に着付け教室に行くとしたら、まずは先生をじっと観察しようと思いますv-411
「この人のようになりたいな~」と思える人に、教えてもらいたいです。
ただ田舎なので、選択肢がほとんど無いですから、結局は自分で試行錯誤することになるんじゃないかとv-389

> 研究熱心なマルポチャさんのおかげで私も救われそうですv-411

いえいえ、救うだなんてとんでもない!
momomomoさんは気づいておられたんですから。
でも、問題解決の糸口になれたなら良かったな~と思います。

No title

なるほど・・・
ふだんは銀座ばかり結んでいるので
お太鼓はワタシにとってはかなりの壁です。

>どうせ着物を着るなら、できるだけ綺麗に着たいじゃないですか

そうなんです,そうなんです!
お太鼓は特にごまかしがきかないように思うので
自分の頭の中にある完ペキな形を求めちゃうんです。
お太鼓が傾いていたり,位置が低かったり...模様の位置もそう.
そして,自分が背負うお太鼓は
お太鼓の両端がピンってまっすぐになっていないとイヤなのです...
帯枕の長さが足りない分,両端が折れていたりすると
嗚呼,美しくない,ワタシって考えがちで...
だから帯枕も長いタイプを持っています。
でも,お太鼓に個性って出せるのかなぁ...という悶々とした思いもあり
銀座や半幅結びなどのように関心が持てないのですよねぇ...
でも練習しなきゃなぁ...いざというときのためにも。

マルポチャさんのお太鼓はいつもきれいだなぁと思って拝見しています♪
前で形を結んでから,後ろにくるんと回しているのですかー?

No title

その本図書館で借りたことあります!
でも、ほんっとに着物着始めたばっかりの時だったから意味不明でさっさと返したような…。
前はお太鼓よくしてたけど、思い返すと帯枕乗せる位置は適当でしたね~。
その日、腕が上がるところまでっ!みたいな。

明日はおでかけするし、マルポチャさんブログを参考にお太鼓やってみますね~。
ついでに図書館でその本も借りてこよっと♪

はまぞぉさんへ♪

はまぞぉさんは銀座結びがお好きでしたね。
アンティーク着物には、銀座の方が合うかな~なんて最近は思います。
ただ、車に乗ったりすると形が崩れそうで、お太鼓よりも気を遣うというかv-388

> お太鼓は特にごまかしがきかないように思うので

そうなんですよね~。
誰もがお太鼓にしているからこそ、ごまかしもきかないし、失敗が目立つというか。
なのでマルポチャも今は特に重点的に練習しております。

> お太鼓の両端がピンってまっすぐになっていないとイヤなのです...

おお、はまぞぉさんはそうなんですかv-405
好みって、やはりいろいろですね。
マルポチャは、上も下も緩やかなカーブを描いている方が好きなんですよ~。
着付け教室の先生も、「お太鼓橋のような丸いカーブを作ってね」とおっしゃっておられましたので。
いろいろ教えてもらったはずなのに、全然コツが分かっていないような感じです。

ちなみに帯枕の長さは20㎝で、今はこれしか持っていないんですが、他もいろいろ試したいと思い始めています。
あと、帯枕の高さも重要ですよねえ。

> 銀座や半幅結びなどのように関心が持てないのですよねぇ...

マルポチャも本当は変わり結びとかいろいろやりたいんですが、まずはお太鼓をマスターしてからだろう・・・と思い直しまして。
お太鼓って地味だなあと思いつつ、それでも綺麗に結べれば良いかなあと。

> マルポチャさんのお太鼓はいつもきれいだなぁと思って拝見しています♪

いえいえ、とんでもないv-406
帯の固さとかに影響されまくっております。
たまたま綺麗にできることはあるんですが、失敗することも多いのです。

あ、お太鼓結びは、後ろでやってますよ。
最初の頃は、腕がつりそうになってましたv-411

mamesukeさんへ♪

この本、後からじわじわ良さが分かる本かもしれませんね。
マルポチャも最初は一通り読んだだけで、今回ほど熟読はしてなかったです。

> その日、腕が上がるところまでっ!みたいな。

肩凝っていたりすると、「つらい!」って感じありますねv-389
マルポチャの場合、ほとんど肩凝り解消運動みたいになってます。
お太鼓結びを習った最初の頃は、筋肉痛になってましたよ。

> ついでに図書館でその本も借りてこよっと♪

改めて読むと、いろいろ理解できることが多いですよ~。
疑問を感じていたりすると、特にそう思います。
ぜひぜひ参考になさってくださいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP