訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

紗の着物を着る時は・・・

お義母様からいただいた着物の中に、紗の着物が1枚あります。
まだ着付けを習い始めの頃は気にしていなかったんですが、ここのところ長襦袢の袖が合わないことが気になって着る気になれなかったんですよね。
絽の着物よりも中身がスカスカに透けてしまうので、半襦袢の筒袖はやっぱり厳しい・・・
そんなわけで、サイズがぴったりな替え袖を付けてみることにしました。

黒紗着物1

写真だと見えないんですが、黒の裏が赤になっていて、ちょっと銀ラメが入ったりしています。
他の着物にも使えるようにと絽の替え袖にしたのですが、化繊だからかやっぱりちょっと暑い・・・。
紗着物の下は、サラファインのTシャツ、それに先日買った美容衿を合わせたんですが、浴衣よりは風が抜けて涼しく感じました。

黒紗着物2

帯はダリア?という感じの真っ赤な花が織り出された紗の名古屋帯。
引き箔になっていてピカピカしているのですが、着物が地味だからまあ良いかなあと合わせてみました。
正面から見ると・・・紗の透け感が、何だかお坊さんの袈裟っぽく見える
中の衿までしっかり透けるので、やっぱり難しい着物だなあと感じますね。

8月5日に、山梨県の着物好き女子が集まってのランチがあるのですが、何を着ていこうかな~と悩み中。
この紗の着物も候補の一つではありますが、もうちょっと華やかな方が良いかも?とも思います。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

杜若柄のおニュー浴衣を試着

毎日、体温を超える気温に悩まされて、少々夏バテ気味です。
気温37℃とかって・・・微熱くらいあるじゃないか~
お昼に一歩外に出るだけで、フライパンの上を歩いているような気分になってきます。
なので、可能な限り日中は外出しないようにしているんですけれどね~。

そんな中、『ふだんきもの ハイムラヤ』さんで購入した浴衣が届きました。



今年は浴衣の新調を諦めていたんですが、お手頃な値段だったのと、楽天のポイントが貯まっていたということもありましてね。
プレタですが、ほぼマイサイズなので良いかなあと思いました。
麻が30%入っているなら、綿100%よりもきっと涼しいはず!と期待もしましたし。

杜若浴衣1

最初は半幅帯にしようかと思ったんですが、何となく帯回りがもの足りない気がする・・・。
いつも着物だからでしょうかね。
そんなわけで、更紗柄の綿の名古屋帯を角出しにして締め直してみました。

杜若浴衣2

いつも角出しは前結びで結んでいるんですが、今日はお太鼓と同じように後ろ結びでチャレンジ!
ちょっと歪んだけれど、まあ良いかと許せる範囲くらいにはできました。

衿をつけて着物風に・・・とも思ったんですが、先日買った美容衿、どうしても上手く使えなくて困っているのですよ。
気がつくとぺろ~ん、ぺろ~んと衿が浮いてしまってねえ
なので、下に衿付き半襦袢とか長襦袢を着なきゃいけなくなるわけですが、今日はさすがに暑すぎる。
胸周りにサラシを巻くのも暑い・・・と思ってサボったら、何やら目立ってしまう感じになっているし。

それにしても、28℃設定のエアコンがついた部屋で着ていても汗をかくのに、これで外に出たらどうなるんでしょうね?
麻が入っているのでもっと涼しいかと思っていたんですが、薄めではあるものの、布の目がつまっているので、風が抜ける感じがちょっと少ない。
やっぱり、麻着物は涼しいんだなあ。
セオアルファだったら、もっとこれよりも涼しく感じるんでしょうか?
来年はやはりセオアルファにしようかな~とか考えております。

でも、今年の花火大会は、これを着ていくつもりです
柄はすっきりしていて好みだし、立涌の濃いラインが入っているので、ちょっとスマートにも見えますよね~。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


今さらながらに着付け練習

夏の着物は、いかに涼しく着るかということで頭を悩ませてきましたが、とりあえず長襦袢を無しにして、美容衿や替え袖を使えば少しは暑くないかも?なんて思っております。
多分、これから先も夏着物に関しては、きっちり盛装する機会はあんまり無いと思いますしね。

そんな事を考えながら、久しぶりに↓この本をパラパラをめくってみました。
この本に書かれている着付け方法は、伊達締め1本に腰紐2本のみ。
紗の伊達締めにすれば、夏でももっと涼しい着付けができるんじゃないかと思ったのです。

しかし・・・最初の補正の部分が、実は一番重要だと書かれてありました。
夏着物、暑いから補正は無しで!なんて、私は考えていたんですけれどね。
だって、サラシをぐるぐる巻きにするのって、考えただけで暑いじゃないですか~

とはいえ、できるだけ華奢に見せたい♪というのも、乙女心

一人でできる着付け革命―どんな体型の人も華奢に見える着付け技 (家庭画報特選 きものサロンMOOK)一人でできる着付け革命―どんな体型の人も華奢に見える着付け技 (家庭画報特選 きものサロンMOOK)
(2007/09)
不明

商品詳細を見る


そもそも私が着付けを学んだところは、着付け教室オリジナル!みたいな小道具を沢山使うところで、一番シンプルな着付け方法は上級者クラス(←師範クラスというやつ)でないと教えてもらえなかったのです。
なので、そういう小道具を一切使わない着付けって試したことないんですよね。
クリップとか、衣紋抜きとか、そういうものまで使わないで、どこまで綺麗に華奢に着付けられるんだろう・・・
着心地も本当に、今より楽になるんだろうか?
そんな疑問がふと頭に浮かんだので、今日は早速試してみることにしました。

しかし~衣紋抜きをつけていない長襦袢、単衣のものしか無い。
練習だからまあ良いかということで、長着の方も一番苦手な綸子でチャレンジすることにしました。
袷だとさすがに暑いので、単衣の小紋?です。
ツルツル滑る綸子の着物で、伊達締め1本+腰紐2本で本当に大丈夫なのか?とも思いましたしね。
重さを考えると、袷の方が練習になって良かったのかも・・・ですが。

↓その結果がこちら。

着付け練習1

上前が最初より下に落ちたかも・・・?
初チャレンジにしては、マシかなあと思いましたけれどね、これだけなら。

が、しかし。

着付け練習2

後ろ姿はいろいろと突っ込み所ありです。
衿は抜けていないし、背縫いはずれて真ん中じゃないし、何だかトホホな感じ
今後も練習が必要ですが、とりあえず衣紋抜き+クリップくらいは使っても良いんじゃなかろうかと思いました。

美しい着姿を目指して、もうちょっといろいろ試してみようかと思っています。
ちなみに上の着物、色無地っぽくも着られそうだけど、仲居さんには絶対に見えない派手さなので気に入ってます
今回は手近にあった渋い紬の染め帯を合わせましたが、帯を変えるとまた表情が変わりそう。
9月の単衣の時期になったら着ようかな~と思っているのですが、こういう柔らかものを着るチャンスがあるかなあ?
やっぱり暑い!と、チャンスを逃してしまうかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

昨年購入したポリ絽の着物

数日前まで35℃以上まで気温が上がり、「暑い~~!!」とバテ気味になっておりました。
ところが一昨日くらいから今度は急に涼しくなり、ようやく暑さに慣れてきた体は逆に不調。
何となく風邪気味です
だって、部屋の気温、今日の午前中は23℃とかだったんですよ。
涼しいを通り越して、肌寒いくらいでした。
服装は完全に真夏モードですからねえ。

でもまあ、せっかくのお休みに何もしないで寝ているのは勿体ないと思い、昨年買ったポリ絽の着物を試着してみることにしました。
暑さ対策に美容衿を買ったので、それの練習がてら。
あしべ織り肌襦袢の上に美容衿をかけてみましたが・・・。

ポリ絽夏着物1

まだ初心者だからなのか、なんとなく衿元が落ち着かない気がしました。
衣紋を抜いて、衿をクロスして、ウエスト辺りで固定するんですが、クロスさせた衿が胸からずりーっと落ちてきてしまうんですよね~。
まだまだ練習が必要です。
慣れたらきっと楽なんでしょうが、今の私では、長襦袢を着る方が早かった。
とりあえずの形を決めるまでに、何だかもの凄く時間がかかってしまいました

ポリ絽夏着物2

衣紋もちょっと抜きすぎているような気がしますね・・・。

あんまり華やかさの無い大人しめな着物ですが、黙っていれば素材が分からない感じの雰囲気なので、汗をかく夏には重宝するかなあと思って購入しました。
今日は涼しかったので、ポリ着物でも蒸し暑さはあんまり感じずにいられましたよ。
むしろヒンヤリしすぎているくらいで。
でも、これを着ていられるのは、きっと30℃以下の気温なんだろうなあ。

先日仕立て上がってきた正絹絽に比べると滑らないので、こっちの方が着付けやすかったんですけれどね~。

ちなみに、私が買った美容衿はこちら↓のタテ絽タイプ。
衿がストライプっぽく見えて良いかな~なんて思いまして。
あしべ織り肌襦袢に替え袖付ければ、暑さ&汗対策は完璧♪と考えたわけですが、この美容衿に慣れるまでに、もうちょっと時間がかかりそうです。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

お仕立てした花柄絽小紋

先月、お仕立てをお願いしていた絽小紋が本日届きました~♪
しかし、今日のような猛暑の中に着ていくのは不安です
関東甲信越は梅雨明け宣言も出たらしいですが・・・何でしょうね、この異常な暑さは。
家の外に出ることがイヤになってしまいます。

花柄絽小紋1

でも、おニューな着物は嬉しいものですね~。
そんなわけで、早速試しに着てみました。
写真で撮ると何だか地味~に見えますね。

柄を拡大すると↓こんな感じ。

花柄絽小紋3

合わせた帯は、お義母様からいただいたブルーの羅の帯。
帯揚げはラベンダーにしましたが、着物の色に馴染みすぎて、埋もれてしまいましたねえ。
ピンクとか、もうちょっとアクセントになる色の方が良さそうです。

花柄絽小紋2

コーデはともかく、サイズはぴったりなので着付けやすい・・・かと思いきや、ここしばらく麻とかばかりだったので、スルスルと滑ってしまって四苦八苦してしまいました。
でもテロンテロンとしていて着心地はとっても良いですね~。

帯をもっと違うものにすると、雰囲気も変わるかなあ。
大人しい感じなので、ちょっと改まった場にも着ていけるんじゃなかろうかと思ってます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

浅草散策の着物コーデ

浅草を歩き回ったあの日は・・・溶けそうなほどに暑かった
まだ体が30℃以上の気温に慣れていないというのもあるんですが、日傘を差していてさえ、強烈な日射は遮れず。
まして、人が多く、アスファルトの照り返しも強い都会となると・・・。

そんな場所に何を着ていったら良いんだ?と、前日から悩みましたよ。
絹モノは、歩き回って汗だくになることを考えると、ちょっと怖い。
かといって洗えるポリ着物にするのは、熱中症になりそうで、もっと怖い。
結局、洗えて、涼しいとなると、素材的には麻が一番という結論にたどり着きました。

いろいろ探していた時に見つけた、リサイクルだか、アンティークだかの宮古上布。
お値段はさておき、この大胆な大柄の模様に一目惚れして、購入を決意しました。
ふふふ・・・こんな時は、働いていて良かったと思いますよ
まあ、分割のお支払いにしましたけれどねえ。
とはいえ、ブランドの高いバッグを買うことを考えたら、一生モノの着物をお安く買えたというのは非常に良かったと思っています。
撫松庵のセオアルファの浴衣にしようかな~と考えていたんですが、毎年新作は出るわけだから、焦らなくてもいいかと結論。
撫松庵の浴衣だって、普通に買うと結構高いですしねえ。
自宅で洗えることを考えれば、丸洗いに出さなくて良いので、そのうち元も取れる気がします。

黒麻着物1

↑これは前日、試しにコーディネートしてみた時に撮った写真です。
帯締めと帯揚げは、ブルー系のものに変えました。

黒麻着物2

帯がちょっと歪んでしまいました~。
合わせたのは、椿?と鉄仙が刺繍されている絽の夏帯。
実はこれ、ネットオークションで超格安で手に入れたので、ところどころに小さなシミがあったりします。
でも夏帯はとにかく汚れやすいので、使いやすいこともあって重宝しているんですよね。
もっとハッキリした色の帯が良いかな~とも思うのですが、夏帯にまでまだお金が回らず、手持ちのものを合わせていくしかありません。

小物を変えて、浅草にはこのコーデで行ったのですが・・・。
帰ってきて、帯をほどいたら、やはり汗で色移りができてました。
汗対策は、あしべ織り汗取り肌着+麻の長襦袢だったのですが、それでも吸収しきれなかったようで
洗えて良かった~と、しみじみ実感しました。

ちなみに、正絹絽の着物を今お仕立てに出していて、明日くらいに届く予定なんですが、今日みたいな猛暑に着ていられるかどうか、少々不安になっております

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

着物で浅草へ♪

今週の月曜日、7月9日、東京に住む友人と会うために上京してきました~。
今回は、前々から行きたい!と思っていた浅草観光♪

浅草にはその昔、高校からの親友とともにぶらついたのが最後。
それも10年以上前のことなのですよ。
着物を着るようになるまでは、そんなに興味はなかったのですが、いろんな方のブログを拝見して、「いざ、浅草へ!!」という気分になりました。

雷門前にて

雷門の前の交差点でスカイツリーを発見して、一人で大興奮!
写真を撮っていたら、親切な人力車のお兄さんが、「写真撮りましょうか?」と声をかけてくださいました。
ええ、もちろんお願いしましたよ
友人と会う前だったので、人力車には乗れずにごめんなさいでしたけれどね~。

この直前、かねてより行きたかった履物の「長谷川商店」さんにも行ってきました。
他ブログさんでの噂をききつけて、古い草履の鼻緒をすげ替えていただこうと思いまして。
ついでに、下駄をひとつ買い求めましたよ♪
あじろ織り模様の鎌倉彫りの台に、蜘蛛の巣模様の鼻緒をセレクト。
鼻緒が8000円と少々お高かったのですが、インスピレーションでビビビッ!ときましてね。
出来上がりは8月の初旬ということで、草履と一緒に郵送していただくことになりました。

そして、そして──。
7月9日の浅草寺は、偶然にも「ほおずき市」が開催されておりました。

ほおずき市1

この日に参拝すると「四万六千日間毎日お参りしたのと同様の功徳を得られる」と言われているらしいです。
そんな日があるとは知らなかったのですが、本当にラッキーでした。
おみくじも「大吉」でしたから、ついてる1日だったんですねえ、きっと。

スカイツリー

この後は、もちろん東京スカイツリーへ。
タワーには上れませんが、ソラマチに行って、タルトのお店「キルフェボン」で、スカイツリー限定タルトを食べてきました~♪

キルフェボンのタルト

夜ご飯は、赤坂にあるエンターテイメントレストラン「忍者 赤坂」で。

いろんな仕掛けがほどこされた、忍者屋敷風のレストランで、お料理も凝っています。

ニンジャ

↑手裏剣型のグリッシーニ。
竹炭が練り込んであるから真っ黒なのだそうです。

奥にある団扇は、ほおずき市の記念に買ったもの。
文扇堂さんでいただきました。

浅草寺の仲見世通りでは、外国人観光客に「写真撮ってもいいですか?」と声をかけられたり、なかなか面白い1日となりました。
また行きたいな~、浅草♪

この日は33℃まで気温上昇したという真夏日で、着物では暑かったんですけれどね~。
この日の着物コーデは、また次回。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

山梨県着物女子の浴衣を着よう♪会

今日は甲府の湯村温泉にある『柳屋』さんで、ちどりさん主催の浴衣着付け会を行ってまいりました。
着付け教室というほど堅苦しいものではなく、柳屋さんのお部屋を一室お借りして、ランチをしながら浴衣の着方を学ぶ・・・という仲間内の気軽なイベントです。
10:30~15:00まで宴会場のような広いお部屋をお借りして、ランチが付いて2500円なり。
私たちは着付けのお勉強会のような事をやらせていただきましたが、普通にお友達同士でお喋りしたり、温泉に入ったりということもできるらしい。
さすがに今日は、温泉に浸かってくる余裕は無かったのですが

さて、車が無い私は、甲府駅まで電車で行って、そこからちどりさんに拾ってもらう予定だったんですが、少々着付けに手間取りまして、目の前で電車においてけぼりをくらうというハプニング
東京と違って、すぐに次の電車が来るわけではないので、仕方なくタクシーで柳屋さんに向かいました。

本日のイベントの参加者は私を含めて5人。
ちどりさんの職場関係の皆様だったのですが、楽しいお話を沢山聞かせていただきました。
何度か着物や浴衣をお召しになっているということですが、改めて自分で着物が着られるようになりたい!ということで、着物歴10年のちどりさんに教えていただくことになった・・・というわけです。
私も最近は着物ばかりで、浴衣の着方はあんまり自信がない。
なので一緒に教えていただきました。

柳屋ランチ

ちなみにランチは↑こんな感じ。
「いただきま~す♪」と箸を付けたところで、写真を撮るのを忘れていたことに気づきました。
デザートにアイスクリームもついて、大満足です。

記念撮影

最後に浴衣を着て、みんなで記念撮影。
皆様、とっても素敵な浴衣姿でした。
半幅帯の結び方、しばらくやっていなかったので忘れておりましたが、いろいろ教えていただけたので良かったです。

私は何年も前に買った浴衣を持っていったんですが、下に着ている麻の汗取り襦袢のせいか・・・ああ、太って見える
ただでさえ上半身が大きく見えてしまうのにねえ。


柳屋さんに着ていった私のコーデは↓こちら。

麻着物1

アンティーク着物『ICHIROYA』さんで買い求めた麻の着物です。
暑い山梨の夏を乗り切るには麻しかない!と思って、いろいろ探していたのですが、ちょうどサイズがぴったりだったので思い切って購入。
セオアルファの浴衣にしようかと迷ったんですが、あちらは今後も新作が沢山出てくるだろうと思いましてね。
アンティークやリサイクル着物は一期一会ですし。

麻着物2

帯は、お義母様にいただいた羅の名古屋帯。
黒系の帯よりは、爽やかな感じになって良いかな~と思ったんですが、緑の方が良かったかも。
今後もいろいろ合わせてみようと思います。

長襦袢も薄い麻のものを。
さらにその下に汗取り肌襦袢を着ていて、麻重ねにしたわけですが、それでも蒸し暑いな~と感じる1日でした。
風が吹けば涼しいんですが、部屋の中だと何となくじっとりするんですよねえ。
あしべ織り肌襦袢は、汗を沢山吸ってくれて良いんですが、私のような体型の場合、太って見えてしまうのがなあ。

絽や紗などの正絹物を着る時の汗対策、これからも試行錯誤が続きそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

| ホーム |


 BLOG TOP