訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

今年最後の着物は・・・母譲りの総柄小紋に鷹帯

何だかバタバタしている年末ですが、今日は2011年最後の着物を着てみることにしました。

何にしようかな~と考えたんですが、まだこの冬一度も袖を通していない、母から譲ってもらった小紋を着てみることに。
そして、なかなか合わせることのできなかったピンク鷹の刺繍帯を合わせてみました。
小紋の中に、鳥さんが飛んでいるので、以外に似合うんじゃなかろうかと。

母着物ピンク鷹帯1

背中に変な皺が寄ってしまいましたが・・・コーデとしては合うじゃないかと、自画自賛。
この小紋に似合う帯をなかなか見つけられなかったんですが、私の中では、これはアリ!です
来年は、もっとこの着物と帯を活躍させてあげなければいけませんね~。

母着物ピンク鷹帯2

鷹のピンクに合わせて、帯締めはアンティークの矢羽根柄ピンクで。
2011年の最後に、お気に入りのコーデが増えました。

私はなかなか直前にコーデを決められないので、ある程度前もって色々考えておいた方が安心だったりします。
着物1枚、帯3本といいますが、なかなかその帯3本が見つからないというか。
まずは、着物1枚に自分の中でベストだと思える帯を探して、そこから2本目を増やしていくというのが、最近はとても楽しいんですよね~。
気分転換を兼ねて、いろいろ組み合わせて遊んでいるという感じです。
着ていく機会は実はあまり無いんですが、いざという時に困らないように
来年(←もうすぐですが)もまた、いろいろ楽しめたら良いなあと思ってます。

さて、今年は途中でぱったりネット落ちしていた時期もありましたが、それなりに着物道楽ができた1年でした。
他の着物ブログも沢山拝見しましたし、いろいろ参考にもさせていただきました。
コメントも沢山いただいて、本当に嬉しかったです。
「気ままに着物道楽♪」に遊びに来て下さって皆様、ありがとうございました。
今年に引き続き、2012年もどうぞよろしくお願いします!

大変心が痛むことの多い2011年でしたが、来年は少しでも心が豊かになるような、そんな1年になれば良いなあと祈っております。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村







ゴシックメタルな雰囲気のラメ&キラキラコーデ

世の中は年の瀬で、大掃除や新年の準備などで大忙しだと思うのですが・・・。
私は、年末に入ってきた「仕事」で、にわかに在宅ワーカー!
お正月のことを考えられないくらい、バタバタしております。

こういう時って、もの凄くストレス溜まるんですよね~。
なので、仕事の合間に「Nightwish」のミュージックDVDを連続再生しながらやってました。
そうそう、来月になったら、ニューアルバム出るんですよ~♪
日本では超マイナーなので、あんまり売れないかもですが、ヨーロッパ圏では大人気なのです。
シンフォニックゴシックメタルの中じゃナンバー1でしょう。



とりあえず、ニューアルバムからの新曲。
ハロウィンシーズンだったら、ぴったりだったかもしれません。
まさにシンフォニックな感じ。
ただ、ボーカルが変わったため、曲調に比べてボーカルが浮いて聞こえてしまうのが難点。
以前のボーカルは、もっとオペラティックだったんですよ。
私はボーカルが変わっても、曲に合っていれば良いかと思うんですが・・・もうちょっと声に重厚感が欲しいなあ。
Within Temptationのボーカルのシャロン姫とか、Lacuna coilのボーカルの声くらいが好みです。
(↑多分、ここでブツクサ言っても、皆さん理解できないかも・・・ですが)

ちなみに今回はコンセプトアルバムということで、ひとつのテーマを題材にしているらしいんですが、流行っているんでしょうかねえ、コンセプトアルバム。
Within Temptationの新譜もコンセプトアルバムだったしなあ。
まあ、聴き応えはありそうなので、楽しみですが。

そんなわけで今日は、ストレス発散もかねて、ゴシックメタルな雰囲気のラメ&キラキラ帯コーデ。
長襦袢の半襟を付けっぱなしにしたままだったので、同系色になりすぎました。

ラメキラキラコーデ2

着物は、マジョリカお召を探している時に見つけた1枚ですが、マジョリカなのかどうかは不明。
裄丈はまあまあある着物なんですが、身幅が全然合わないという失敗(←細すぎる)をやらかしました。
でも、好きだから良いのです。
いつか仕立て直すんだ~と思っているんですけれどね。
身丈ももうちょっと伸ばせると着やすくなるんですが。

ラメキラキラコーデ1

帯は、ヨーロピアンな雰囲気のキラキラ袋帯を角出しに。
芯が入っていないのか、袋帯のわりには柔らかくて、結びやすい帯です。
金が沢山入っているし、「格」が合わない!とか言われそうですが、着物もキラキラだから良いかと開き直り。
ライブに行くとかだったら、文句言う人もいなさそうな予感♪
何か言われたら、「ゴシックメタルですから!」と言い切ってしまうのも良いかも
多分、年配の方には、何のことやらさっぱり分からないに違いない。

そんなわけで今日は、完全に趣味に走ったコーデとなりました。
年末年始とは全く関係がありませんね~。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

骨董市で買った着物をチクチク

クリスマスの12月25日、久しぶりに護国神社の骨董市に出かけてみました。
何かを買いたいというより、骨董市の雰囲気を味わいに行きたくなったというか。
さほど大きな骨董市ではないのですが、着物も出ているので、ちょっとした楽しみです。
時々、思いがけぬ掘り出し物に巡り逢ったりしますしね~。

そして、骨董市の会場に行ってみた途端、目に飛び込んできた着物が1枚。
お値段、1000円。
3枚1000円という破格の値段で買い物をしたことがあるので、特別安いというわけじゃなかったんですが、ものすごく状態が良かったんですよね。

さっそくメジャーを取り出してサイズを測定。
これ以上、お直しが必要な着物を増やしたくはないので、けっこう厳しめにサイズを測ったんですが・・・。
そういう時に限って、わりとピッタリだったりするんですよね。

1000円だった理由は、背縫いと裾のところにほつれがあったからなんですが、私でもどうにかできるくらいの物だったので、買い込んでしまいました。
なので、持って帰ってきてからは、久しぶりに裁縫セットを出してきて、地道にチクチク。
面倒くさがりなので、一気に直さず、2日に分けてお直ししました。

そして、未使用らしき型染めの紬名古屋帯も一本、買ってきましたよ~。
これもお値段1000円。
リサイクルショップも安いとは思うんですが、やはり、骨董市は破格のお値段です。

骨董市お召1

ただ、この着物がどういう種類なのかよく分からない。
ぱっと見は、本塩沢っぽくて、手持ちのものと比べてみてもそうかな~と思うんですが、触った感覚が全然違う。
本塩沢はシャリ感がありますが、これは柔らかくフワフワした感じで、鬼シボ縮緬みたいな触感。
ただまあ、シボがしっかりある地厚な着物なので、冬場のふだん着にはぴったりじゃなかろうかと思います。
体にしっとり添う感じが気持ち良い着物です。
しかし、何という着物なんだろう?
分かる方がいらっしゃれば、是非、教えてください。

骨董市お召2

ちなみに柄はヒマワリ?みたいな大きな華紋・・・かなあ?
中に小さな蝶々が二羽飛んでいます。

紬の型染め名古屋帯にも、蝶が飛んでいるので、久しぶりに角出し結びにしてみました。
この着物には、お太鼓よりも合うかなあと思いましてね。
田舎のお出かけにピッタリなコーデじゃなかろうと、個人的に思っております。

でも、久しぶりにチクチクお裁縫をやった甲斐がありました~。
ずっと着ていても良い!っていうくらい、ふんわりしていて、暖かいのです♪
ここのところ寒かったですからねえ。
クリスマスディナーに着ていった樹木柄の付下げ小紋は、柄は好きなんですが、ちょっと真冬向きじゃなかったかもしれません。
春になればちょうど良さそうな着心地。

最近思うんですが、多分私には、南の大島紬とかより、北の産地の着物の方が合うんじゃなかろうかと。
寒がりですからねえ。
着物というのは、その土地の風土に合わせて作られてきていると思うので、寒さに耐える着物が良いなあと思います。

そう考えると、ますます着物って奥が深いなあと感じました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

北欧料理店でクリスマスディナー

今日はクリスマスイブということで、小淵沢にある北欧料理店「メーラレン」にディナーに行ってきました。

サンタクロースが住んでいるのはフィンランドですが、こちらはスウェーデン料理。

メーラレン前

明るい黄色のお店なんですが、今夜はクリスマスイルミネーションで青く染まっています。
もちろん、着物で行きましたよ~。
小淵沢は八ヶ岳山麓なので、非常に寒いんですが・・・空気が澄んでいるので星がとても綺麗です。
ただし、外に長い間留まっていると、足の末端から冷えてきます。

メーラレンディナー1メーラレンディナー2

↑こちらが今夜のディナー。
スウェーデン料理というのは、ニシンの燻製、サーモンのマリネ・燻製など、お魚料理が多いです。
フランス料理のコースに比べるとずっとあっさりしているので、私は大好き。
オマールエビのグラタンを食べ終えたところで、私はすでにお腹一杯になっておりました。
最近、食が細くなっているので、あんまり量が食べられないんですよね。
なので、がっつりフランス料理ディナーとかは、考えただけでシンドイのです

食事の後は、レストランの近くにあるリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ」にクリスマスイルミネーションを見に行って来ました~。
このリゾナーレのレストランを予約しようとしたら、時すでに遅く、満席ということでした。
大人気なのです、やっぱり。

リゾナーレ1

リゾナーレ2

ちなみに、私が来ていった着物は、ラヴィちゃん帯に合わせていた、印象派の絵っぽい樹木柄の付下げ小紋。
クリスマスイブだし、イルミネーションっぽい雰囲気が合うかなあと思ったのです。

リゾナーレ3

なので、クリスマスツリーに混ざって写真撮影♪
ニットのポンチョを被っているので、着物だか何だかよく分からない感じですけれど。

帰宅後の写真はこちら。

クリスマスイブコーデ2

帯は、以前、骨董市で見つけてあった薔薇柄の帯。
夜、月光の中で咲く薔薇・・・といった雰囲気が気に入って買ったんですが、もの凄く短いんです
クリップ止めでなんとか締めましたけれども、垂れ先に織元の名前がでかでかと入っているし、お仕立てしなおそうかと思っております。
気に入っているのに、なかなか締められないという帯です。

クリスマスイブコーデ1

クリスマスイブというか、「夜」という雰囲気になりました。

小淵沢はとにかく寒い!と思っていたので、長襦袢の下に3枚くらい重ね着しました。
さらに、腰から下はヒートテック二枚履き。

レストランでは寒さを感じることはなかったんですが、リゾナーレの中を散策していると、だんだん凍えてきましたよ。
他のお客さんは、ダウンコートで完全防備な方ばかりでしたからねえ。
東京だったら多分平気なんでしょうが、やはり山は寒いです!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

呉服屋さんで買った物

今朝、新聞広告に呉服屋さんの歳末セールのチラシが入っていました。

着物がらみの物を買う場合、私はほとんどネットショップを利用しているので、実店舗に足を運んだ事がありません。
そのチラシにお買い得品が紹介されていたので、今日は珍しく行って見ようと思ったわけです。


おニューな帯締め2本

・・・で、その呉服屋さんで買ったのが、写真左側の帯締め。
昨日、帯締めを整理したばっかりじゃないか!とも思ったんですが、小田巻付きの帯締めはずっと欲しかった物なんですよ~(と言い訳)。
さらに、昨日整理して気づいたんですが、私は黒系の帯締めを1本も持っていなかった。
なので、選んだのは、黒にグレーのぼかしがはいっているシャープな雰囲気の帯締めです。
小田巻の色は、ワインレッドとシルバーのような色。
先端が房ではなくて龍村美術の正絹が使われている代物です。
定価はなんと15540円・・・が、しかし、歳末セールなので3980円に。

ただですね・・・店員さんが、ず~っと私の傍にへばりついているのには困惑してしまいました。
反物が今なら7万円だとか、正絹長襦袢がお仕立て込みで6万円だとか・・・。
聞いてもいないのに、どんどん勧めてくるわけです。

あの「買って下さい!」オーラでガンガン近づかれると、客はむしろ逃げ出すんじゃなかろうかと思います。
ただでさえ世の中不景気なので、消費者はそういう気配に敏感になってます。
欲しい物だったら買うし、いらないと思ったら買わないし・・・。
着物は高い買い物なんだから、いろいろ見たり、考える時間を与えてくれても良さそうなもの。
そっとしておいてくれるのも、ひとつのサービスのあり方なんじゃなかろうかと、ショップ店員に構われるのが嫌いな私は思うんですけれどね~。

特に着物初心者の場合、あの押しの強さで来られると、二度と呉服屋さんには行かない!って思ってしまいますよ。
ネットショップの方がずっと気楽ですし。
私見ではありますが、呉服屋さん実店舗での消費が冷え込む原因になるのではないかと、考えてしまいました。
(↑まあ、もしかしたら、その呉服屋さんが特別だったのかもしれません)

その後、例のお安い物が沢山あるリサイクルショップにまた行ってみました。
小物は見てなかったな~というわけで。
帯締めコーナーで発見したのが、右側のアンティーク?っぽいピンクと黒の帯締め。
お値段なんと・・・380円。骨董市並みですねえ。
使用感も無く、とても綺麗な状態だったので買ってきました。
これもまた黒が入っていますし、フューシャピンクっぽい色も気に入ったので。

というわけで、今日もまた帯締めが2本、増えてしまったのでした。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

増え続ける帯締め整理

そろそろ年末だし、着物も整理していかなければ・・・と思っております。
とりあえず今日は、ごちゃごちゃしている小物系からと思い、整理し始めたんですが。

帯締め帯揚げ

夏用をのぞいても、結構な量があることに気づきました。
帯揚げはぼちぼち増やそうと思っているので、まだ大丈夫なんですが、帯締めは仕切りを越えて溢れ出しているし!
この帯締めや帯揚げって、今後も増え続ける一方なのでは・・・?
微妙な色合いの違いを楽しみたいと思って買うわけですから。

まだ初心者の私ですら、こんなに沢山あるんですから、もっと長く着物を着られている方はどうやって整理なさっているんだろう。
すっきり収納する方法があれば教えていただきたいものです。

ちなみに帯揚げ、最初は畳んで引き出しにいれていたんですが、取り出すたびに崩れやすいので、100円ショップで買った箱に仕切りをつくって、丸めて入れることにしました。
ちょっとスペースは取りますが、この方が選びやすいかなあと思いまして。

帯締めの方は・・・どうしたものかと本気で悩み中。
仕切りがだんだん意味を無くしそうな感じです。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

きものヘア

先月、実家に帰省した時に、思い切って髪をばっさり切りました。
それまでは長かったので、編んだり、編み込んだりするヘアスタイルがわりと簡単にできていたんですが、短くなってみると結ぶので精一杯。
肩にぎりぎり届くくらいの長さなので、まとめ髪がなかなか大変。
さらにばっさり切ってしまった方が、着物の場合、むしろすっきりするかなあと思いました。

そんな中、買ってみたのがこの本。

もっとキレイを楽しむきものヘアもっとキレイを楽しむきものヘア
(2011/12)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る


私にもできる髪型はあるかな~と思ったんですが、やはり、もうちょっと長い方がいろいろアレンジできるみたいです。
とはいえ、技術力も必要になりますけれどね・・・
ピンを何本も使うのが面倒くさいと思っている私は、バレッタとかクリップ1個でまとめられる方が簡単で良いのですけれど。
ちょっと研究して、自分なりにまとめる方法を考えなければです。

さてさて、今日の午後はちょっとイライラしていて、行き場の無いエネルギーが暴発しそうだったので、1時間ほど一人カラオケに行ってきました。
連続で12~15曲くらい歌いまくったら、さすがにスッキリ♪

ちょうど近所に新しいカラオケボックスができたので、行ってみたいな~と思っていたのです。
漫画喫茶とかインターネットカフェとかも入っているので、一人でも利用しやすい感じ。
ドリンクは飲み放題だったのですが、私はウーロン茶一杯でねばりました。

初めてだったんですが、なかなか良いですね、一人カラオケ。
ふだん歌えないようなマニアックな曲も、思う存分に満喫できる感じ。
最近は点数が出るので、だんだん真剣になってくるし、カロリー消費にもなりそう。
最後の方は汗かいてましたからね~。

友達と行くと、交互に歌うので2時間以上じゃないと歌った気にならないんですが、一人なら1時間~1時間半くらいで十分かも。
それ以上やると、喉が疲れてしまって、途中休憩が必要になりそうです。

ストレス解消にもなったし、多分、顔のエクササイズにもなったと思う!
また行こうと思ってます

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

ド迫力なアニマル柄着物に唐獅子帯コーデ

先日見つけたリサイクルショップに、今日もまた出かけてきました。
実は気になっている着物があったんですが、買うかどうか迷って、その日は退却したんですよ。
どうせ着物を買う人はいないだろうし、考える時間はあるかなあと思いまして。

で、結局、考えた末にお持ち帰りすることにしました

どうして迷っていたかといえば、「いつ着るの?」「どこに着ていくの?」という疑問が、頭の中に浮かんでいたから。
ラヴィちゃん帯を合わせた着物は、帯を変えるとエレガントな雰囲気になると思うんですが、こっちはインパクトが強すぎる。
それでもやっぱり気になるし、お値段はプチプライスだし、きっと誰も買わないだろうし・・・ということで、私が引き取ってくることにしたわけです。

アニマル柄着物コーデ2

↑そんなこんなで買ってきた着物が、こちら。
以前、どこかのネットショップで見かけたことがあった、アニマル柄のポリ着物です。
丸紋のなかに、豹とか虎とかゼブラとか、とにかくいっぱいアニマル柄!
この着物に合わせる帯は、とりあえず唐獅子しか思いつかなかった
色合いも似ているし、何と言いましょうか、間違いなく怖い系の姐さん風コーデです。

アニマル柄コーデ1

着物=優雅・はんなり・おしとやか・・・などという概念をぶっ壊すくらい、強烈ですよね~。
お茶とかお花をやっている方にはきっと、驚かれるんじゃなかろうか。

が、しかし! 私はこの着物に帯を合わせた瞬間、「カッコイイ♪」とテンション上がりました。
かなりくどい気はするけど、極妻風だけど、好き~♪

ちなみにこの唐獅子の帯は、一目惚れして買ってしまった私のお宝です。

唐獅子帯

一頭じゃなく、二頭の唐獅子がじゃれ合っているような雰囲気がカワイイ♪

個人的には虎柄の帯が欲しいんですが、トラさんはなかなか見つかりません。

それにしても、どこに向かっているんでしょうかねえ、私の着物道
正統派からは間違いなくどんどん離れていっているような気もする。
マニアックなものを偏愛するのは昔からなんですが、やっぱりこういう所でもそういう性格が顔を出してくるんだなあと思います。
ちょっと変わった物が大好き♪
それはファッションでも、音楽でも、同じことなんだろうと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

地味な灰色格子柄木綿着物に花柄帯コーデ

ここのところ、趣味に走った派手コーデが続いていたので、今日は珍しく地味に。

「ふだん着物」というカテゴリに属していながら、木綿着物はほとんど持っていないのです。
お仕立てしたチョコミント柄の会津木綿着物と、着物の着始めに何も分からずに買ってしまった灰色の地味~な木綿着物が1枚。
今考えると、何故、これを買う!!という感じなんですが、その頃は超初心者だったもので、「木綿着物というものが欲しい!」というノリで買ってしまったわけです。

が、しかし・・・着物初心者に陥りがちなミスをやらかしたんですよね。
その頃、まだ自分のサイズというのがしっかり分かっていなかったので、とりあえず身丈と裄丈が合っていれば良いだろうと。
身丈も、自分と同じ身長くらい・・・という風に思っていたので、私の場合プレタだと「Lサイズがぴったり!」と思ったわけですよ。

ところがその着物、身幅が大きすぎるものだから、非常に着付けにくい。
さらには、写真で見るよりずっと色が地味だったので、着る気がなくなって放り出しておりました。

そんな箪笥のコヤシ状態な着物に、久しぶりに挑戦。

灰色格子木綿着物に華やか花柄帯1

この間、チョコミント柄木綿着物に合わせた、華やかな交織名古屋帯。
今回は、御所車を見せたいなあと思っていたんですが、柄がちょっと下になってしまった。

ついでに今日は、思いっきり衣紋を抜きすぎてしまいました。
鏡見ないで着付けてしまいましたのでね・・・ちょっと失敗。

灰色格子木綿着物に華やか花柄帯2

アンティークの紫色帯締めを合わせてみましたが、色が黒っぽく写ってしまいました。

まあ、帯が華やかな感じなので、これなら「ふだん着物」として着られなくもないかなあ・・・と思うんですが。
やっぱり、あんまりテンションは上がりませんね~。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

ヘンゼルとグレーテル?な雰囲気コーデ

昨日、家の近くにリサイクルショップを発見しました。
どうやら着物も売っているようだったので、今日改めて見に行ってみることに。
晴れていたし、近いだろうと思って自転車で行ったのですが、思った以上に遠かった!
行きはテンション上がっていたので距離を感じなかったんですが、帰りはだんだん膝が痛くなってくるし、ペダルは重く感じるし、ヨレヨレになってました。
もの凄く久しぶりに自転車に乗ったんですよね

とは言え、苦労の甲斐あって、戦利品ゲット!
どうやらそのリサイクルショップ、着物は一律1980円らしく、さらに新品(しつけ付き)でも値段が変わらない。
帯も1500円くらい。
数は少なかったんですが、他に着物を見る人なんて誰一人いなかったので、サイズも測りまくりでした。

そんな中、発見したのが、今日のコーデに使っている着物です。

ヘンゼルとグレーテル?

現代物の付下げ小紋、点描絵画を思わせる樹木模様。
これを見た途端、ラヴィちゃんと合わせてみたくなったんですよね。
グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」っぽくなるんじゃなかろうかと。

ヘンゼルとグレーテル?

多分、ラヴィちゃん帯が無かったら、買おうとは思わない不思議柄なんですが、ストーリー性があって面白いかなあと思います。
裄丈が、1センチほどマイサイズより短いんですが、ほぼぴったり。
ただ、するっとした生地なのと、身丈がいつもより長いので、今日は着付けにちょっと手間取りました。
次はもうちょっと綺麗に着られるようにしたいですねえ。

そして、掘り出し物はこれだけではないんです。

ビーズパーティバッグ

私が持っているこのビーズのパーティバッグ、「グレースコンチネンタル」の未使用品。
そのお値段、なんと380円
タグも付いたままだったので間違いないんですが、私以前、「グレースコンチネンタル」のパーティバッグ、普通に買ったんですよね。
2万円くらいだったと思うんですが・・・380円って何!

もともとグレースコンチネンタル大好きでしてね。
結婚前に買っていた洋服は、このブランドが多かったのです。
フェミニンな雰囲気なんですが、時々、ちょっとオリエンタルな雰囲気のデザインがあって、それが凄く好きで。
改めて見てみると、自分の趣味が変わっていないんだなあと思います。

久しぶりの自転車で膝がガクガクになってしまいましたが、良いお買い物ができたなあと思います。

それにしても、「マドモアゼル・ラヴィ」帯、大活躍ですよ。
シリーズ化しそうな勢いです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

薔薇紬に花柄帯コーデ

ここのところ、趣味に走ったコーデが続いていたので、今日はちょっと大人しめに。
薔薇柄の十日町紬に、お仕立てした花束柄の帯を合わせてみました。
洋花同士なので、間違いはないかなあと。

薔薇紬花束帯コーデ2

何だか皺が多いし、帯が決まらないなあと思っていたら、腰パッド入れるの忘れておりました。
ウエストは細く見えてまあ良いのですが、シワシワなのは嫌ですねえ。

薔薇紬に花束帯コーデ1

十日町紬は、大島紬に比べるとちょっと硬い感じがするのですが、色や柄は私好みのものが多いような気がします。
この組み合わせはちょっとはんなり系ですが、私のツボでもあります。
クラシックコンサートとか、バレエとか、オシャレなレストランで食事する時とか、そういう時に着ていきたいなあ。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

ハデハデ立湧大島紬にドラゴン帯コーデ

先月、京都旅行の帰りに実家に戻った時のこと。
実家の友人に会った時、大島紬の話題となりました。

「大島紬って、もの凄く手間もかかるし、高価なのは分かるんだけど・・・地味すぎて着れないよね」
と、友人は申しました。

確かに、私もその時は同意見でしたよ。
軽いし、とっても良い着物だってことは分かっているけど、何にしても地味すぎる!!
な~んて、思っていたのですが・・・。

そんな私の認識を覆すような大島紬に出会ってしまったのですよ。
アンティークなのですが、サイズも奇跡のようにピッタリ♪

派手大島紬龍帯コーデ1

そして、柄も大好きな立湧に唐草模様!
これはもう、私の物でしょう。

大島紬・・・地味だなんて言ってごめんなさい、という感じです。

ちなみにこの大島紬を見たとき、帯はピンと閃きました。

派手大島紬龍帯コーデ2

ドラゴンちゃ~ん♪
この大島紬の中に、ちょっと渋い感じのグリーンが混ざっているので、合うんじゃないかと思ったのです。
いかがでしょう。ちょっと中華な雰囲気も漂っている感じじゃないですか?

さすがにこの着物は、紬だけど、田舎を歩ける感じじゃないなあ
が、しかし、間違いなく私のお気に入りコーデとなりました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

モノトーン着物が好き

今日はちょっとショックな出来事がありました。
まあ、時々やらかす失敗なんですけれどね

仕事で使う文章データを、保存し忘れて消してしまった~!!
午後にやった分が全て消えてしまい、気づいた時はしばらく茫然自失。
あんなに頑張ったのに、何も残らなかったというオチです。
どうしてそうなったかは、長くなるので書きませんけれど。

夜になってやり直そうかなあと思っていたのですが、やはり目も疲れているし、気分が乗らないので今日は打ち止め。
気分転換のため、今日もまた着付けの練習です。
ここのところ毎日やっているおかげで、大分サクサク着られるようになってきました。

今日も引き続き、黒と白のモノトーン着物をコーディネート。

モノトーン着物薔薇帯コーデ1

4月頃、東京におでかけした時、お義母様に買っていただいた着物です。
小紋なんだか、付下げなんだか、訪問着なんだか・・・という着物ですが、私としてはカジュアルに着ても良さそうだなあと思う着物です。
クリスマスシーズンということで、華やかに薔薇帯を合わせてみました。
クリスマスカラーにしたくて、帯締めをグリーンにしたんですが、帯揚げもグリーンにした方が良かったかもしれません。

モノトーン着物薔薇帯コーデ2

着物の柄が雪の結晶に見えなくもないので、クリスマスイブにぴったりかも♪
昨日、孔雀羽根着物に合わせた派手孔雀帯でも合うんじゃなかろうかと思います。
クリスマス柄の帯とか、雪輪とかでもいいなあ・・・持ってないけど。

この着物はサイズがぴったりなので、本当に着付けやすいです。
柄も非常に好みだし、良い買い物をした(買ってもらった)なあ。
お義母様への感謝の気持ちもこめて、今年のクリスマスディナーは、この着物にしようかなあと考えております。
グリーンの帯にすれば、もっとクリスマスっぽくなるかも?

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

大好きな孔雀尽くしコーデ

12月というのはクリスマスがあるせいか、「和」というより「西洋」っぽい空気感があるなあと思います。
クリスマスパーティとか忘年会とか、イベントも盛りだくさんですもんね。
だから着物のコーデも華やかなものが似合うかなあと。
新年の1月になると、今度は思いっきり和風という感じが強くなりますが・・・。

そんなわけで、昨日に引き続き洋風っぽいコーディネートにしてみました。
大好きな孔雀尽くしコーデです。

孔雀尽くしコーデ2

この孔雀羽根柄の着物は、着物を着始めの頃に買ったものですが、しばらく箪笥に眠っておりました。
帯は、リサイクルショップで見つけた、未使用の博多織の孔雀柄。
キラキラした感じなので、クリスマスシーズンに良いかなあと思っております。

孔雀尽くしコーデ1

柄on柄のコーデですが、着物が柄尽くしのわりにはモノトーンなので、派手な帯でも合うかなあと。
昨日の洋花チェーン柄の着物もそうなんですが、ちょっと「和」から離れている着物の方が微妙に落ち着くのは、やはり洋服に馴染んじゃってるせいなんでしょうかね~。

ちなみに、ここのところ毎日着物を着ているんですが、夏の間にブランクができてしまったので、着付けの時間がかかりすぎているのですよ。
なので、できるだけ早く、綺麗に着られるようにしようと思って、改めて練習しております。
いざ着物で出かける時に、時間が足らなくなったら困りますのでね。

そうそう、来年の1月21日に、有名着物ブログ「おべべとにゃんこ」のゆきゆきさんが主催される、「着物姿の美しい撮られ方・撮り方講座」に参加させていただくことになりました。
一人参加なんですけれど・・・見かけましたら仲良くしてやってください!

それにしても、何を着ていこうかなあ・・・悩みます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

洋花に鎖柄のピンク小紋にヨーロピアンな帯

ここのところ、紬や木綿着物が多かったので、久しぶりに柔らかものにチャレンジしてみることにしました。
クリスマスに着てお出かけしようかなあと考えていたピンク色の小紋です。

洋花チェーン柄ピンク小紋1

桜色のたたき染めの小紋なんですが、柄が好みで買ってしまいました。
洋服で全身ピンクの服なんて買うことは絶対無いんですが、着物になると意外にすんなり着られてしまうのが不思議ですよねえ。

この小紋、洋花柄なんですが、それだけだったら多分買わなかった。
ポイントは、珍しいチェーン(鎖)柄♪
そして奇跡的なことにサイズがぴったりだったんですよねえ。


洋花チェーン柄ピンク小紋2

帯は、クリスマスっぽく黄緑色にしてみました。
何と書いてあるのは判りませんが、アルファベットと西洋の紋章柄が織り出されている昼夜帯なんです。
これはもう、完全に一目惚れ。
まさに私のためにあるような帯だわ♪と感じました。

こうしてみると、私が好きな着物って、西洋に憧れる日本人が作った西洋風着物・・・というジャンルなのかも
だからおそらく、古典柄よりもちょっと変わった雰囲気の着物が好きなんじゃなかろうかと思います。
まあ、季節が関係無いので、着やすいんですけれどね。

このピンクの小紋には、「マドモアゼル・ラヴィ」ちゃん帯でも合うだろうし、薔薇柄とか、唐花模様とか、何でもコーデできそうな気がします。
同色系の帯を合わせれば優しい雰囲気になるし、黒にすれば華やかになるし。
何より、マイサイズだったというのが嬉しい。

さらさら、てろんとした肌触りで、ああ柔らかものだなあと実感できる着物でした。
でも、そのせいで着付けは難しくて、時間がかかりました。
やはり、時々は柔らかものを練習しておかないと、いざという時に時間がかかって、慌てふためくことになるなあと反省です。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

チョコミント柄の会津木綿着物に花柄帯コーデ

バイトの面接をしたという話を先日書きましたが・・・落っこちました!!
う~む、やはり難しかったか。
実は面接に行ったバイト募集先というのが、「税務署」だったんですよ。
2月以降の確定申告時期に向けて、1月~3月までという短期の臨時職員募集だったんですけれどね。

もともと事務作業が苦手で、毎年確定申告時期になると大わらわになる私ですが、税務署の裏事情を垣間見れば、ちょっとは苦手意識とかがなくなるかなあと思っていたのです。
その辺の好奇心が出過ぎたのがまずかったかな
あとは年齢? 大学生とかが多い感じでしたからねえ。
まあ、ちょっと残念ですが、やらなきゃいけない自分の事をやるとしましょう。
よくよく考えれば、他人の事務処理を手伝っているような余裕は無いかもしれない

そんなわけですが、今日はめげずに国際交流センターというところでやっているクリスマスのチャリティイベントに着物で行ってきました。
サンタさんと写真が撮れるらしい・・・ということで、テンションは上がる。

サンタさんと

子供たちの間に交ざって、大はしゃぎ♪

他にも、タイ、インド、ブラジル、中国などの各国料理が食べられました。

世界各国料理

右側がブラジル料理のシュラスコ(BBQ)、左側がタイ料理の鶏手羽揚げ。
他にもトムヤンクン、キーマカレー、中国餃子などなど、食べまくっておりました。
食べ過ぎて、お腹一杯。

そして抽選会では、何と思いがけず景品が当たってみたり。

抽選会大当たり

コカコーラ社のクリスマスオーナメントでした♪
コカコーラのボトルの中に鈴が入っていて、振るとチリチリ鳴るんです。

規模は小さいですが、なかなかアットホームな感じで楽しめましたよ。
ハンドベルとかゴスペルのミニコンサートなどもありましたし。

ちなみに、私は着物で行きましたが、他には誰一人おりませんでした。
カジュアルな感じのイベントだろうと思っていたので、私もできるだけカジュアルな雰囲気になじむようにチョコミント柄の木綿着物で出かけたんですが、それでも着物というだけで目立ちましたねえ。
褒めてもらうのは嬉しいけど、やや自分が「珍獣」になった気がする。
正絹の着物にしなくて良かった・・・と思いました。
最初は、昨日着たポリ小紋にしようと考えていたんですが、光沢が無い方が多分良いと直前で変更したんです。
変えて良かったという感じのイベントでした。

あ、黄色のファーは、実家の母からの頂き物です。
「可愛いと思って買ったけど、派手すぎて使わないからあげる」ということで。
プードルみたいな毛並みで、レモンイエローなんですよね。
ミンクやフォックスに比べるとカジュアルな雰囲気で使えるので、私は良いかなあと思っています。

チョコミント柄木綿着物1

ファーの下は、こんな感じのコーディネート。
ご近所の骨董屋さんで見つけた、未使用のモスリン交織帯です。
閉じた状態で格安で売られていたんですが、奇跡的に虫食いなどのダメージ無し。
ただ、帯芯が分厚くて、ちょっと重いのです。

チョコミント会津木綿着物2

帰ってきてから撮ったので、ちょっと着物もぐだぐだになっておりますが・・・。
着物が明るくポップな感じなので、クラシカルな「和」な雰囲気を合わせてみましたが、この雰囲気は好きですね。
このチョコミント着物にはベストコーデかも♪、な~んて思っております。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

明るいパーティな雰囲気で

最近は洗える着物ということで、ポリエステルの着物も沢山ありますが、一括りに「ポリ着物」といっても正絹以上に素材の良し悪しがはっきりでるなあと感じております。

つい先日、ポインセチアの帯に合わせた着物は、一目でポリと分かるし、触り心地も全然正絹とは違う。
でも、東レシルックとかの高級化繊になると、「どっち?」と考え込んでしまうほど見分けがつかなかったり。

どうせ洗える着物を買うなら、できるだけ正絹に近い方が良いなあと思っておりました。
通販やオークションとかだと、実際に触れない分、ギャンブルだったりするんですよね。
「当たり」を引けば、お値段以上に良い物が手に入ることもあるわけですが・・・。

矢羽根柄着物に薔薇帯

矢羽根柄のこの着物は、質感は「正絹? ポリ?」と区別がつきにくいんですが、染めの発色がなんとなく浅いという感じがあります。
でもふだん着として着るには良いかなあと思って購入してみました(←夏頃だったかな)。
近くで見ると小さな矢羽根柄なんだけど、離れると立湧っぽく見えるところも気に入っています。

真っ白というのが今の季節ちょっと寒々しいですが、クリスマスの電飾っぽいかなあと思って、薔薇柄の帯と合わせてみました。
この薔薇柄の帯は軽くて締めやすいし、何より、赤・白・黒の薔薇が織り出されているので大のお気に入りです。
博多織の八寸帯なんですが、枝部分にゴールドが入っているので豪華な感じ。
クリスマスランチとかに良いかなあと思って合わせてみました。

矢羽根柄着物に薔薇帯

しかし・・・初雪が降った今日のお天気では、やっぱり白着物は寒く見えますね。
アイボリーっぽいと、まだ暖かみがあるんですが、完全に「白」なので。
縮緬ならまだ良いんですが、つるっとした綸子だしなあ・・・本当は春~夏の方が良いのかも。

まあでも、カジュアルな雰囲気なので、「汚れるかも!」という場所に遊びに行くには重宝しますね。
今のところ、「良いポリ着物」と言えるのは、これでやっと2枚目です。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

自作の腰補正具

一応、私なりにできるだけ綺麗な着姿を目指してはいるのですが、ずっと試行錯誤を続けているのが、体の補正。
着付け教室では、くびれのあるウエストにタオルを巻くように指導されておりました。
でも、前側が分厚くなるのは嫌だなあと思っていたんですよね。
伊達締めを巻いたり、おはしょりを入れ込んだりしていると、補正無くても前面は大丈夫そうだなあと。

私の場合、最初に試行錯誤していたのは胸元の補正だったんですが、これは最近、サラシを巻くことで解決しました。
和装ブラとか、ぴったりしたタンクトップとか、いろいろ試してみたんですが、結局サラシが一番楽でした。
アンダーバストの方までカバーしておけば、タオルを巻く必要も無くなりましたし。

でも、背中からお尻にかけてのくぼみだけは、サラシじゃ上手くいかなかったので、これまたいろいろ補正具を試しておりました。
補正付き肌着とか、市販されているヒップパッドとか買ってみましたよ。

ところが、どれもいまいちピッタリ決まらなかったんですよね。
なので、市販されていた補正具を改良して、自作してみました。


自作腰補正具

補正具に付いていた紐を切って、メッシュの伊達締めを縫いつけただけ。
腰の補正をしていないとお太鼓が綺麗に決まらなかったんですが、これのおかげで大分楽になりました。
程よいところでマジックテープを止めるだけですからねえ。
食べ過ぎてお腹が張っていても、伸縮性があるので、サラシと違って苦しくならないし、タオルを巻くよりすっきりした着姿になるような気がしました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

ゴシック大好きコーデ

ほとんど宿題と化していた結城紬のコーデが一段落したところで(←結構、長い間考えてました)、自分が好きな雰囲気というのを改めて考えてみました。

ちなみに、私が持っている着物は、大きく3つに分かれているんですよね。

①わりと正統派なはんなり系(←万人受けしそうな優等生)

②木綿・ウール・紬などのふだん着(←田舎で出歩くにはこれが一番なじむ)

③趣味に走りまくって買いこんだ着物(←着る場所を選ぶ感じのものも多い)

前回まで考えていた結城紬は、私の中では②に分類されていたので、自分らしさを残しつつも、田舎で悪目立ちをしない!というのがテーマでした。

が、しかし、それだけじゃやはりつまらないので、今日は自分が大好きだと思うものを合わせてみることに。


ゴシックコーデ2

ゴシックな雰囲気もただようレース模様の着物に、「豆千代モダン」さんの「マドモアゼル・ラヴィ」です♪
この着物、一目惚れして骨董市で買い込んだものですが、どんな帯を合わせようかな~と考えておりました。
そんな時、「豆千代モダン」さんのオンラインショップで、この帯を見つけたんですよね。

ゴシックコーデ1

届いたら絶対合わせてみようと思っていたのに、私自身がすっかりダウンしてしまったので、今日まで延期されておりました。
モノトーンっぽいコーデになりましたが、なかなか良いではないかと自画自賛。
帯揚げと帯締めを赤系にするか、青系にするか迷ったんですが、今日は赤な気分だったので。
もっと鮮やかな色の方が良いかもしれませんが、今の手持ちではこれが限界。

この着物でライブとか、行きたいけどな~~!!

ちなみに、私がお気に入りのバンドは2つ。



↑その一つがこれ。

オランダのバンド、Within Temptation(ウィズイン・テンプテーション)です♪
シンフォニック・メタルとも、ゴシック・メタルとも言われているんですが、ボーカルの上手さと、楽曲の完成度の高さは、このジャンルではNightwish(フィンランド)と双璧と言われておりますねえ。
Nightwish(ナイトウィッシュ)の方も、私は大好きです。
どっちが好きと聞かれると困るくらい、どっちも好き。

このヨーロッパのゴシック・メタルというジャンルを知るまでは、ハマれるバンドがしばらく見つからずに漂流しておりました。
COLDPLAY(コールドプレイ)とか、リンキンパークとか、その辺を聴いていたんですが、何だかちょっともの足りない。
それ以前は、日本のバンドを聴いていたんですが、やっぱりマニアック路線を突っ走っていたし。

まあ、とにかく、ヨーロッパでは割とメジャーなシンフォニック・メタルという音楽は、日本ではさっぱり聴くことがないので(←でも、時々テレビで使われることがあったり)、ライブに行きたくても行けない状態なのです。

2007年に、NightwishとWithin Temptationが来日した時は、大感激しましたね~。
もちろん両方行きましたよ、ライブ。
今年は両方のバンドともに新譜を出してくれたので、来年くらい、ニッポンに来ないかな~。
もし来てくれたら、私は必ず、着物でライブに行ってきます

とりあえず、来日ライブをするためには、日本のファン数を増やさなければいけないので、今後このブログで細々と布教活動をやっていこうかと

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

竹笹柄の結城紬に花束帯のコーデ

気がついたら、最低気温は一桁になっていて、氷点下になる日も近いかなあという時期になっておりました。
最高気温も10℃以下になってしまうと、さすがに大島紬は薄すぎる・・・と思って、暖かくなるまでお休みしていただくことに。
そんなわけで、ここのところ、私がずーっと考え続けていたのは、あの地味な竹笹柄の結城紬にどんな帯を合わせれば良いかなあということでした。
(↑あ、もちろん、1日中こればっかり考えていたわけじゃありません)

いろいろ帯を合わせてみるんですが、どうもイマイチ納得できないんですよねえ。
さすがに着物初心者にはハードルが高かっただろうかと諦めかけていたんですが・・・。
先々月末くらいに、仕立てをお願いしていた帯が戻ってきたので、合わせてみることにしました。

花柄塩瀬帯

塩瀬の染め帯です♪
花びらのところに、ちょっと刺繍が施されています。

塩瀬の帯は何となく渋い雰囲気のものが多くて、気に入ったものになかなか出会わなかったんですが、これは色合いが私好みでぱっと華やかな感じでしたのでね~。

洋花と竹柄が合うかどうかと思っていたんですが、帯に縦に入った線がちょっと竹に見えなくもないかなあと。

結城紬花束帯1

前はこんな感じ。
斜めに入った線と、立湧+竹に意外になじみました。

結城紬花束帯2

今まで合わせてきた帯の中では、一番納得できる雰囲気になりました。
地味になりすぎないし、渋すぎないし、良い感じと自画自賛。
随分コーデに悩まされましたが、ようやくこの結城紬でお出かけする気になってきましたよ。

帯揚げはたまご色なんですが、ピンク系にした方が良かったかもしれませんね。
小物でまた雰囲気も変えられそうです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

岩下志麻のきもの語り

ふふふ・・・買ってしまいました、本としては高かったけど。
姐さん!! 美しすぎです♪

岩下志麻のきもの語り岩下志麻のきもの語り
(2011/09/29)
岩下志麻

商品詳細を見る


御年70歳とは思えないような美しさですよ。
最初で最後の着物写真集ということなので、これは買わねばと思いました。

「極道の妻たち」のイメージが強かったんですが、20歳の頃のお写真が載っていて、その美しさに一目惚れしてしまいました。
半分くらいは、ご自分の着物をトルソーに着付けて撮った写真なんですが、帯との柄・色合わせなどは、参考にしたいなあと思うようなもので。
ほとんどが訪問着でしたが、どれもこれも素敵でした。

ご本人が書いておられる通り、ふだん着としての着物とは対極にあるような「女優着物」なんですが、着物雑誌とか見ていても、「何だかちょっと自分の求めているものとは違う」と思っていた私が、「そうそう、こういう雰囲気が好きなの!」と思えるようなコーデも多かったです。

ここでお見せできないのは残念ですが、私は特に、葡萄柄の桜色の訪問着にうっとり。
書かれている文章も、本当に着物がお好きなんだなあと感じられるもので、着物エッセイ集としても面白いと思いました。

華やかではんなりした雰囲気の着物がお好きな方に、特におすすめいたします!
あ、もちろん「極妻」の写真も載っていますよ。

ちなみに、↓こんな文章が♪

極妻風ウォーキング指南
衿を大きく抜いて、前合わせも深く。
帯幅は太めにして、下目に締める。
裾はぴっちりと前すぼまりで。
かように着付けて、外股で堂々と歩く。


お写真も非常にカッコイイです。

何度も見返したくなるような、そんな1冊でした。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


12月限定ポインセチアの帯

お天気が良ければ、甲府でやっているB-1グランプリ(のような)「よっちゃばれ市」に行ってみようと思っていたんですが・・・。
朝からどしゃぶりの雨なのと、やっぱり寒い!というのが理由で、今日はお出かけを止めました。
明日は晴れの予報なので、明日行ってみようかなあとも思っております。
まあ、出不精な私なので、結局家に引きこもっている可能性もありますけれど。

ちなみに、雨予報だったので、着ていこうかなあと思っていたのが、以前買ったままになっていたポリ小紋。

ポインセチア着物

お義母様からいただいた、ポインセチアの帯に合うかなあと思って買ったんですが・・・。
見事なまでにゴワゴワなポリ着物でありました。
このポインセチアの帯も、ポリの二部式帯なので、雨の日のお出かけには最適なんですが、どうみても12月にしか着用できなさそうな雰囲気です。
サイズはぴったりなので、着やすいんですが、写真に撮ると皺が目立つなあ。

それにしても、久しぶりに着物を着ました。
衿の抜き加減とか、皺の取り方とか、やっぱり微妙に手間取ったところはありましたが、一度覚えたものって、なかなか忘れないものだなあと実感。

それでも、あまり長い間着ないでいると、いざという時に時間がかかりそうなので、時々は袖を通さないとダメですねえ。
せめてクリスマスの時くらいは、着物でお出かけしたいものです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

噂のスライム肉まんを食す

スライム肉まん

ご近所のファミリーマートで、スライム(肉まん)発見!
早速、お家に連れ帰ってみました。

都内では売り切れ店続出みたいでしたが、この辺りはそれほど人気が出ていないのか、まだまだレジ横に並んでました。
ずらっと並んだ姿は、何だか可愛いです。

さてさて・・・今日は真冬並みの寒さで、1日中震えております。
実家から使っていない「こたつ」を送ってもらったので、ちょっとは環境が良くなりましたけれどね~。
血流が滞っているのか、何となくだるさも感じて、動きにくい。
このままいくと、冬眠モードになってしまうかもしれません。

そんな中、「バイトをしよう!」と先月辺りから思っていたので、昨日、面接に行ってきました。
久しぶりに履歴書を書いたんですが・・・あれ、高校卒業って、いつだっけ?と、さっぱり忘れかけている自分に驚きました。

そもそも私の場合、獣医という特殊な職業ということもあって、就職活動の面接なんてあって無いようなものだったんですよね。
とりあえず院長と話して、出身校とか研究室とか聞かれて、「じゃあ、ちょっと3日くらい試しに来てみる?」みたいな感じで話が進むわけですよ。
そんなわけで、いわゆる普通の面接というのを受けたのは、はて、何年ぶり?

結果は来週なのだそうですが、さてどうなるか。
小テストというほどじゃないですが、エクセルで表を作らされまして・・・完璧に同じものになってなかったかもしれないと、ちょっとドキドキ。

まあでも、久しぶりに緊張したような気がします。
最近、気が緩みっぱなしでしたのでね。
決まっても、決まらなくても、とりあえず良い経験にはなったかなあと思いました。

| ホーム |


 BLOG TOP