訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

1月20日、無事長男出産しました!

1月20日(水)のお昼に、長男を出産しました。
節分の今日、ちょうど2週間が経過したことになります。

クリスマス、お正月とだらだら過ごして、1月8日に出産予定日を迎えたのですが、いっこうに生まれそうな気配はなく。
初産は予定日よりも遅くなるということで、のんびり構えていたら、大雪が降った1月17日?におしるしの出血がありました。
その後、1月18日からだんだんお腹が痛くなり、これが陣痛か!と確信。
それまでは、陣痛ってどんな痛みなんだろう、分かるんだろうかと、ちょっと不安に感じていたのです。

1月19日の午前中に10分間隔の陣痛になったので、病院に向かい、入院したのですが、その後しばらく微弱陣痛が続いていったん帰宅することに。
ところが、降雪した道路上のドライブと、お風呂に入ったのが刺激になったのか、急激に陣痛が強まり、日付が変わった1月20日の0:30に再入院となりました。

再入院した時点で、歩くのも辛いぐらいの痛みに襲われていたのですが、出産に達する陣痛にはまだ至っていないとのこと。
陣痛強度を計測する機械でチェックしながら、延々と時間が過ぎ、陣痛よりも激しい腰痛に泣きそうになってました。
何しろ、陣痛が起きるたびに、焼けた火箸を背骨に突き立てられるような激痛が右肋骨下辺りに走るんです(T_T)
座っている姿勢が一番痛みに耐えられたのですが、陣痛が起こるたび、付き添ってくれていた旦那さんの手を死にもの狂いで握り締めていました。
そうしていないと、絶叫してしまいそうな激痛で、掌も全身も脂汗まみれになってましたね~。
で、陣痛の測定や子宮口の開き具合をチェックするため、仰向けにならされると、耐えきれなくなってギャーギャー言ってました。
そしてだんだん、計測するのが恐怖になってしまい・・・。

午前8時頃に強い陣痛が2分間隔で起きるようになっていたのですが、子宮口が完全には開かず、そのまま経過観察。
そのうち、わたしの体力が限界に近づいて、陣痛の間隔が間延びし始めました。
医師の判断で、陣痛促進剤を投与することになり、その後は絶叫しまくりな激痛との戦いとなりました。

分娩室に入ったのが、午前11時頃?
その頃の記憶はほとんど曖昧で、とにかく全身を貫かれるような激痛に苦しみまくりでした。
ちょうど、右肋骨の下辺りに痛みが走るんですが、助産師さん曰く、赤ちゃんがそこら辺の神経を圧迫しているということらしく、子宮の陣痛以上にこれが痛いわけです。
二重の激痛の中で、分娩台に乗せられて、助産師さんの言葉通りにいきんで~・・・なんて、簡単にできるわけありません!!

プライドやら見栄やら、人間の尊厳?みたいなのも全て放棄して、叫び続けること約2時間。
午後0:55に、ようやく長男が誕生しました。
会陰切開&産道裂傷で、母は血まみれになりましたが、ギリギリ吸引措置などもせず、元気な泣き声を聞かせてくれました。
ずっと傍についていてくれた旦那さんや、叱咤激励してくれた病院スタッフの皆様には、本当に心から感謝しております。
もともと痛みに弱くてヘタれなわたし、途中で何度もくじけかけそうになりましたのでね。
「この子を守れるのは、お母さんだけですよ!」
担当の先生が厳しく言ってくださったおかげで、耐え抜くことができたように思います。

分娩時間は、結局32時間。
本当に長い、長いお産となりました。

分娩直後
↑分娩直後の休息室にて

息子さん、頭が大きかったようで、なかなか骨盤を抜けてくれなかったそうです。
頭囲35センチ、体重3340グラムと、ちょっと大きめ。
その後は食欲も旺盛で、元気いっぱいに育っております。

アラフォー高齢初産だったから難産になったんだろうかとも思うのですが、振り返ってみると、よく32時間もほとんど飲まず食わずの状態で失神もせずに頑張れたな~と。
お産というのは、フルマラソンを走り切るくらいの体力を消耗するそうです。
確かに人生初経験の耐久レースみたいな感じでしたよ。

一緒に頑張ってくれた息子クンに、本当に心からのありがとう。
出産前は、子供を可愛がれるんだろうかといろいろ心配してましたが、生まれてみたら何の違和感もなく受け入れられて、なおかつ幸せを感じました。
案ずるより産むがやすしとは、こういうことだろうか。
ホルモン(オキシトシン)の効果は絶大だな~と実感。
最後の方で、陣痛促進剤(オキシトシン)をガンガン入れたから、その大量暴露のおかげだったのかもしれません。

長男誕生2
↑出産翌日。

出産後、疲労困憊していたわりには、元気の回復が早かったようで、朝食からきっちり完食してました(笑)。
人生初入院で、病院食を食べたのも初めてだったんですけれどね~。
貧血があったせいか、「がっつり肉を食べたい」と心の中で思っておりました。

記憶が薄れないうちに、いろいろ書き残しておきたいとは思うけれど、長くなるので、今日はこの辺で。
出産翌日からの入院生活は、我が子誕生の感動に浸る間もない、過酷な育児合宿のようでした。

【出産準備】入院中に必要なもの

本日、28週目の妊婦健診でした。
経過は特に問題なく順調とのこと。
ただ体重に関しては、「できるだけ抑えるように」といつものように釘を刺される~(-_-;)
いやはや、体重管理って、難しいですねえ。

で、看護師さんに、「入院の準備は済んでますか?」と質問されたんですが・・・。

リストは渡されたけど、まだ何も買ってない~。
そう言うと、「いつ何があるか分からないので、30週までにはそろえてね」と、にこやかに警告されました。
かなり呑気な妊婦だと思われたらしい。

妊娠中期に入ってからは、体調が良くなって、遊び回ってましたからねえ。
そろそろ出産やら我が子のためのいろいろを買わねばならぬ時期なのか、と、どことな~く他人事な気分で聞いておりました。
買い物に出かけるのも疲れるので、この際、ネットでいろいろ買ってしまおう♪

とりあえず、【入院中に必要なもの】を買うことに。

・パジャマ(膝丈まである前開きのもの) 2枚
・授乳用ブラジャー
・ガーゼのハンカチ 2~3枚
・退院時の赤ちゃんの服・下着1組・おくるみ(バスタオルでも可)

他にも細々したものはあるんですが、手元に無いのはこんな感じ。

パジャマに関しては、入院中は病院のをレンタルしてもいいかなと思うんですよね。
今は頭から被るタイプのパジャマなので、前開きの長いのがあってもいいかな~と思ったし。
家に戻ったら、浴衣でも良いんじゃね?と秘かに考えているのですが(笑)。

授乳用ブラジャーは、さすがに持ってないので、買わなきゃなあ。
ただ、サイズが難しくて、Lサイズだと小さい気がする(-_-;)
LL以上となると、ネットショップを探しても、おいてある所が激減するのが辛いところ。

ガーゼのハンカチは、和柄のガーゼ手ぬぐいをそろえてみることに♪

退院時の赤ちゃんの服は・・・テレビとかでみる、あの白いヒラヒラしたヤツですか!?
何だかちょっと、好みじゃない。
もうちょっとカッコイイのが無いのかな~と、ただ今、ベビー服売り場を徘徊中です。

| ホーム |


 BLOG TOP