訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

洗い張りから戻ってきた反物が美しい!

いろいろ書きたいことはあるのですが!

昨年、洗い張りに出していた着物が、反物になって戻って来ました~♪

とくに、↓この古い本塩沢の出来上がりに、もうビックリなんです!
パルメット本塩沢着物姿

洗い張りをお願いしたのは、山梨県南アルプス市にある着物乃塩田さん♡

日頃、実店舗の呉服屋さんに足を踏み入れることのないわたしが、「素敵だな~♪」と感じるお店なのです。

気軽に立ち寄れる和カフェやギャラリーがあり、強引な売り込みとか全然なくて、ゆったり気持ちよく過ごせます。

塩田商店

その「着物乃塩田」さんでお願いした洗い張りの着物が、こちら!

琉球紬

鮮やかなブルーが美しい琉球紬(・・・らしい)♡
リサイクル着物で、身丈が短かったんですが、丈だしできることを確認して購入。
もともとは袷なのですが、単衣に仕立て直そうかと考え中です♪

レースお召

着物を着始めの頃、骨董市で見つけ出したレース柄のお召♡
マイサイズにはいろいろ足りないのですが、柄が好きすぎるので、とりあえず保管用に洗い張り。
袖が長いので、身丈も伸ばせるんじゃないかな~と期待しているのですが、どうなるでしょうか?

ゴシック風レース模様織り出し着物

むか~しむかしの写真を引っ張り出してきましたが、↑こんな柄の着物なのです♡
2010年、まさに着物を着始めた頃に買った着物なのですよ。

そして!!
わたしが一番感動したのは・・・。

パルメット本塩沢

こちらの本塩沢!
たしか、ネットオークションか何かで買ったのですが、古い糊がバリバリになっていて、非常に着心地が悪くなっておりました。
いつも手放すかどうか迷っていたのですが、こちらの柄が、やっぱり好きすぎて、ず~っと箪笥のコヤシに。

思い切って洗い張りにだしたら、見違えるくらい綺麗になっていて、柔らかく生まれ変わっておりました。
正絹の再生力、凄いです!
本塩沢のシャリ感もちゃんとあって、ふわふわな感じがとにかく気持ち良い。
今すぐにでも仕立て直しをして、身にまといたい感じなのです。

バリバリになっていたけど、かなり好きだったようで、過去にいろいろ着てる♪

2パルメット本塩沢着物姿

くすんでいた色も白くなったので、胴裏、八掛を新品に変えて、仕立て直そうと思ってます。

洗い張りのパワー、すご~い♡
とりあえず箪笥のコヤシになっている着物を、長期保管用に洗い張りしようという野望が芽生えました(笑)。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

きもの工房扇屋さんでシミ抜きしていただいた白大島

急に寒くなったと思っていたら、今日の気温は10℃くらいだったそうです。

・・・寒い!
辺りを見回すと紅葉もどんどん進んでいるし、セーターとか上着が必要になってきました。

さて。
すっかり結果を書くのを忘れていたのですが。

夏前に悉皆の「きもの工房 扇屋」さんでシミ抜きしていただいた白大島が、どうなったかというと~。

扇屋白大島1

目立っていた袖のところのシミが・・・

扇屋白大島2

綺麗に消えてしまいました!!
じーっと目を凝らして見ても、シミがどこにもありません♪

すっきりと綺麗にしていただいたので、新品同様♡

実はこの白大島はリサイクルで買ったものなんですが、袖の目立つシミのせいでかなり格安なお値段になっていたのです。
シミ抜きしたら綺麗になるんじゃないかな~と、ほとんどギャンブルな感じで購入したんですよね。

4000円くらいだったでしょうか・・・うろ覚えですが。

ちなみにシミ抜き代は、7500円くらいでした。
なので、着物代+メンテナンス代で、12000円くらいの出費ですが、積極的にお手入れをしたからか愛着がわく♡

紬のシミ抜きは難しいそうなので、どうなるかちょっと心配だったんですが、こんなに綺麗になるものなんですね。

リサイクルですごく気に入った着物が見つかって、でもちょっとシミがあって・・・という場合、気になるようならシミ抜きしてもらうのも着物を楽しむには良い方法じゃないかなと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

白大島のシミ抜き依頼&生後4カ月

久しぶりに着物ブログを書きたくなりました。

昨日、矢野あずみさんのお片付けセミナーに参加させていただいたんですが・・・。

帰ってから思いました。

そういえば、シミ抜きに出そうと思っていた着物、そのまんまだな~。

ずっと頭の隅に引っかかっていたのです。
子育てにバタバタしていて、中途半端に放り出してしまっていたあれやこれやを、片っ端から片づけたい!!
わたしが一番気になっていたのは、実は部屋の片づけだけじゃなくて、自分がやりかけにしてあることだったわけです。

ごちゃついていて一番片づいてないのは、わたしの頭の中でした。

なので、昨日のうちにしみ抜きに出そうと考えていた着物を梱包して、依頼書を書いて、本日発送しましたよ♪
やる気になれば、ボクちゃんがいても、このくらいはできる(笑)。

とりあえず、お片付けセミナーについては、また詳しく書きます。

白大島1

さて、シミ抜きに出した、白大島です。
袷なので、さすがに暑くて、もう着ないだろうな~ということで。

柄は、唐花に源氏車と、わたしの好きなもの尽くし♡
写真撮ったり、畳んだりするだけでニマニマしちゃいます。

白大島2

7マルキってとこですかね~。
マルキの数え方は詳しく知らないので、そのうち誰かにきちんと教えてもらいたいなあ。
そして何故か、結城紬みたいに亀甲柄まで織り込まれている。

ちなみに源氏車って、牛車の車輪がモチーフなわけですが、現代の車のホイールってことですよね。
確かに、カッコイイ車のホイールを見ると、ちょっとワクワクして萌える♪
つまり、わたしはホイール好きというわけです(笑)。

白大島シミ

シミ部分の拡大。
左袖山の後ろ側に、かなり目立つシミがあります。

どこにしみ抜きに出そうかな~と悩んだんですが、ここはひとつ、シミ抜きで有名な扇屋さんに出してみよう。

どのくらい綺麗になったかは、またレポートしますね!

それにしても大島紬、大好きだ~~!!
今年の春は全然着られなかったから、いつも以上にそう感じます。

いくら水に強い大島紬とはいえ、ボクちゃんにちゅぱちゅぱ吸われて、よだれをつけられては可哀想なので、今年は着るのを我慢しようと思います。
欲求不満は、着物をメンテナンスすることで発散しよう。


さて、生後4カ月になったボクちゃん。
体重も8200グラムまで順調すぎるほどに増え、ようやく首も座ってきました。
ここのところ暑くなっていたので、エルゴの布団のようなインサートが外せてやれやれです。

ボクちゃんも暑いのか、インサート付きで抱っこしていると泣くんですよ。
ふつうに抱っこすると重いので、早くインサート無しにしたいな~と思っていたのでした。

生後4カ月

ボクちゃん、生後4カ月にして、洋服のサイズが80になりました(-_-;)

70を着せたらきつかったので、ひとつ飛び越して80にしてしまえと。
これから暑くなるから、ちょっとブカブカでも良いだろうし・・・。

でも、ブカブカじゃなくて、80でちょうど良い感じでした。
恐るべき成長スピード!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

ソーセージから飛んだ油でシミが!? 自宅でシミ抜き

先週の金曜日、台ケ原宿市に着物で遊びに行った時・・・。

と~っても美味しい、肉汁たっぷりな白ソーセージを食べたのですが、その時、右の衿に油がハネました。
すぐには浸み込まず、慌ててハンカチで吸い取ったら、その時は一見綺麗になったかに見えたのです。

ところが!!
家に帰って、着物を1日ほど干しておいたら、右衿に何やら白い汚れが出ている。
半衿は多めに出しておいたし、ファンデーションが付くような場所でもないんだけど。

考えているうちに思い出しましたよ、白ソーセージ!
なるほど、油シミというのは、後になってから浮いてくるもののようです。

ソーセージ1

お気に入りな着物だし、以前だったら大慌てでシミ抜きに出しているところなんですが、さすがに1回着ただけでクリーニングというのも不経済だと思います。
柔らかものだったら、仕方ないかな~などと思うのですが、「ふだん着物」だし、紬だし。
ここはひとつ、自分でシミ抜きをやってやろう!とチャレンジすることにしました。

ベンジン

確実に油汚れなので、シミ抜きに使うのはベンジン!
昔なつかしい感じで「ベンヂン」と書いてあるのが楽しいですが、薬局で200円弱くらいで買えます(笑)。
(わたしは竜王のサンロードで買いました←ローカルネタ)

輪ジミにならないように、最初にガーゼなどで広めにベンジンを塗布して、シミ部分を固めの歯ブラシで擦る!
その後、パタパタと乾かしたらOK・・・らしい。

http://kbr.seesaa.net/article/120459839.html

↑詳しくは、こちらを参照。
ファンデーションの衿汚れと同じ方法ってことですよね~。

で、その結果は・・・。

ソーセージ2

カメラの角度で色合いが変わってますが、白浮きしていたシミが無くなってます。
綺麗にシミが取れました♪

おお、何だか、すっごい楽しい!
本格的に悉皆のお勉強がしたくなってきましたよ。

それはともかく、できるだけお金をかけず、自分でできるお手入れは自分でやれるようになると、正絹の着物でも着やすいのかなあと思いました。
洗える着物は楽ですが、やっぱり正絹も着たいし。

そんなわけで、今回の自宅でシミ抜きは、とりあえず成功です♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

ウール着物は好きだけど、ムシは大っ嫌い!!

今日も朝から良いお天気。
ただ朝方は冷え込み過ぎて、昨日からヒーターを入れるようになりました(T_T)
羽根布団&冬用毛布でもすでにブルブルって・・・まだ10月上旬なんですけどねえ。
昨日頑張りすぎたのか、ちょっと風邪っぽくなってるし。
今日は安静に過ごそうかと思ってます。

さて、昨日はせっせと箪笥の整理をして、空になった洋服箪笥の裏側とかも埃を取ってキレイにしました。
わたしがマメに箪笥裏とかを掃除し始めたのは、ある事件がきっかけです。

犯人の名前は・・・・ヒメマルカツオブシムシ! その幼虫!!

正式名称は意外に知られてないかもしれませんが、「衣類を喰うムシ」で有名です。

まとめサイト⇒http://matome.naver.jp/odai/2140408927482324701

都内に住んでいた頃は、鉄筋コンクリートのマンションだったせいか、こやつに遭遇することはありませんでした。
なので、存在は薄々知っていたものの、防虫剤とかにもあんまり気を遣わずに済んだんですよ。
結婚して緑豊かな山梨県に移り住み、家も木造戸建てに変わったら、あいつらがやってきた!!

そもそものきっかけは、わたしが着物にハマったのと、壁際に置いてあった骨董箪笥だと考えられます。

時は2010年、夏ごろから着物にハマったわたし~♪

ウール着物

お義母さまから着物を沢山いただいて、ウキウキでした。
その中にはウール着物も沢山あって、寒い山梨にはぴったりのあったかさ♥
正絹と違って手洗いできると知り、いただき物とは別にウール着物を購入したりしておりました。
あいつらの事は知っていたけど、とりあえず防虫剤入れておけば平気さ~♪みたいな感じでね。
この写真の着物も、ホントに着やすくてお気に入りだったのに・・・。

しかしながら、もともとズボラな性格のわたし。
防虫剤の期限切れにも気づかず、1年くらい?放置。
そうしたら、あいつらが大量発生していたのです。

以下↓グロ画像注意。

ヒメマルカツオブシムシ1

ウール着物を着ようとルンルンしていた時に発見してしまった!
ヒメマルカツオブシムシの幼虫!!
その時は名前も知りませんでしたよ。
小さくてウヨウヨしたのがたとう紙の中や、着物の上、箪笥の中にまで蠢いていて、全身ぞわ~~っと鳥肌!!
何が起こったのか分からずに大パニック。

虫は大っ嫌いなのです・・・特に芋虫系&ムカデみたいな長いヤツ。
「ギャーッ!!」と大絶叫して、それからブルブル震えながら箪笥の中&部屋中に掃除機をかけて、虫に食われたウール着物は全て処分いたしました。
一緒に入れてあった正絹着物も、いただき物の古いのは泣く泣くさよならしましたねえ。

あいつらが大量発生していたのは、隙間の多い、通気性の良い骨董和箪笥の下。
降り積もった埃の中に、ウヨウヨがいっぱいいました。
抜け殻とかも散らばっていてね(T_T)
調べてみると、あいつらは「暗くて埃の多い場所」が大好きなようです。
隙間を通って箪笥の中に侵入し、ウール衣類を餌にして増えまくったらしい。

着物だけでなく、お気に入りだったカシミアのセーターとかも、全部あいつらに喰われました。
それ以来、ウール着物の良さは分っているんだけど、激しいトラウマになってしまって、怖くて買えなくなりました。
今頃の時期からは、本当に重宝するんですけれどもね。

そして、防虫剤はしっかり入れよう&箪笥の掃除もマメにしよう!は、わたしの頭にしっかり刻まれました。
あいつらとの遭遇は、二度とゴメンという感じ。

住んでいる場所にもよると思いますし、管理さえ徹底していれば、ふだん着物としてウール着物は優れモノだと思います。
ただ骨董市とかで買うと、知らず知らずあいつらの卵付きを持ち込む可能性があるので、洗濯してアイロンをしっかりかけておくのが重要かと。
(卵は熱に弱いらしい)
そして、防虫剤は多めにぶっこむ!
防虫剤に耐性のある「あいつら」もいるらしいのでね(-_-;)
我が家のような大発生は珍しいかもしれませんが、「あいつら(ヒメマルカツオブシムシ)」にはどうぞ皆様、お気を付けください。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

レギュラー選抜&着物大移動♪

今日は朝からすっきり晴れていて、風が涼しくて気持ちいい♪
空気がカラッカラに乾いているので、新しく来た箪笥にいろいろ整理をしてみました。

箪笥分類

まず最初に、お腹のボク用箪笥を作るために、寝室の洋服箪笥に押し込めてあった着物を移動。
この洋服箪笥はわりと大きいんですが、幅が微妙に短いため、着物は三つ折りでしか入らなかったんですよね。
桐箪笥は二つ折りで綺麗に収まるので、軽い薄物を1段目と2段目に、単衣を3段・4段に片づけました。
浴衣とか麻着物、ポリ単衣もこちらに。
これだけで、洋服箪笥が一棹空になった~♪
やっぱり着物は、着物箪笥に仕舞うのが一番スッキリするなあと実感です。

次に、古い着物箪笥の下部分に入れてあった着物を、柔らかものと紬に分けて収納。
新しい桐箪笥に入れた袷着物は、マタニティーでも何とか着られそうな身幅の広いものだけを厳選いたしました。
つまり、出産まで活躍できそうな、レギュラーメンバー、1軍というわけです(笑)。

身幅をメジャーで測って、「これは1軍(*^^*)」「こっちは2軍 (-_-;)」「これは3軍 (T_T)」と分けていくのは、面倒くさいけど楽しかった。
ちなみに選抜基準は、

1軍:今から着られそうなもの(身幅広め)

2軍:妊娠していなければ頑張れるけど、今は厳しい(身幅狭い)

3軍:完全に仕立て直しが必要(全体的にサイズが小さい)

今回、新しい桐箪笥には、1軍メンバーしか入れませんでした。
着る時にまたサイズチェックするのが面倒くさいですからね~。
お腹が出っ張ってきているので、裾がはだけにくいように、前幅広めなものを選びました。
でも、この中から今後2軍落ちになるのがでてくるかも(笑)。

2軍と3軍は、ぼちぼちサイズ直しをしていかなきゃダメかもしれませんね。
特に3軍は、仕立て直しが必要そうなので、1軍に上がれるのはかなり先のことになりそうだなあ(T_T)
今後のメンテナンスを考える上でも、良い機会になりました。

それにしても片づけ嫌いなわたしが、こんなに集中してお片付けするのは珍しい。
着物って、畳み方が決まっていて、ぴたっと引き出しに重ねられるので、片づけ嫌いにはちょうど良い衣服だと思います。
洋服は形がそれぞれ違っているから、畳む時にイラっとするんですよね~。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

新しい箪笥が届きました!

注文していた箪笥が、先ほど届きました!
土日を挟んでしまったので、決済が月曜日にずれて、火曜日に発送、到着が今日の午後。
いやはや、最近の通販って、めっちゃ早いですね~。

新箪笥

箪笥は段ボールに梱包されて届けられましたが、これがまた軽い!
玄関までの配送なので、二階までは自力で運ばなければならないんですが、引き出しを抜いてしまうと、外枠は三段カラーボックスより軽いんじゃないかと思いました。
手の空いていた主人ひとりでも、余裕で?運べましたよ。
妊娠してなければ、わたしが全部片づけられたと思います。

新箪笥2

ちょっと爪先立ちになれば、一番上の棚の底までチェックできたし、GOOD!
新しい箪笥特有のラッカー臭さもないし、古い着物箪笥の奥行ともぴったり合っているし、いい感じです。
お義母さまからいただいた、古い竹行李をのっけてみました。
あの中に、お仕立て予定の反物を収納中♪

箪笥の間のスペースに、今は除湿器を置いてありますが、姿見を壁にかけてもいいかな。
箪笥にタオルハンガーを取り付けて、よく使う帯揚げとか、帯締めをかけておいてもいいかもしれない。

まだ箪笥の中は空っぽですが、いろいろ妄想してしまいました♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

安い! 桐箪笥買ってしまいました!!

我が家の収納事情をいろいろと見直し最中の昨今。
使い勝手の悪い大物箪笥を処分して、クローゼットもすっきり。
このまま何も置かずにいようかな~とも考えていたんですが、押入れの中がキャパオーバーになっているところもあるので、一棹は買いたいと思うようになってました。

ただ、処分した時の大変さとかを考えると、どーんと大きなのより、二つにバラせる方がいいなとか。
どうせ買うなら、桐箪笥が欲しいな♪とか。
全部引き出し式の方がいいな、とか考えてました。

着物箪笥は高さが180センチあるんですが、引き出し式で180センチとなると、おそらく上の方は高すぎて死蔵品置き場になってしまう可能性がある。
わたしの身長が約160センチなので、ちょいと覗ける高さが良いとすると、高さは160センチより低いくらいの方が良い。
ついでに、着物も入れやすい方がいいとなると、幅は100センチくらいあるとグッド!
なので、高さ150センチ、幅100センチのハイチェストを探すことにしました。

ところが、なかなか良いなあというのに巡り合わない。
イメージぴったりと思うと、むっちゃ高かったり(笑)。

そんな中、見つけてしまったのが、↓この桐箪笥♪



高さは75センチなんですが、二つ重ねたら、ちょうど150センチになるじゃないか!!
同じものを二棹買っても、お値段的にOKだったので、こちらに即決しましたよ。
これなら、家の奥に運べないってことはないだろうし、引き出しを抜けば、わたしでも一人で移動させられそう。
(今は無理だけど)

メーカー直送品なので、届くのはこれからなんですが、なかなか良い物を見つけられたと満足です。
とにかく安いので、ショップからの連絡があるまで、「残り一棹しかありません」と言われたらどうしようかとドキドキしてました(笑)。

使い心地などは、また届いてから改めて。
他にも引き出し3段と、5段があるので、さらに付け足しができるのも良いのではないかと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

やっぱり臭うから、帯をベランダで干す!

一昨日は中秋の名月、昨日はスーパームーン♪
二日続けてお月見が楽しめたので、何だかウキウキです。

とりあえず今日の午後は、懸念事項であった大箪笥が片付くので、気分も晴れ晴れ。
朝からスッキリ晴れているので、洗濯物も干して、準備もばっちり。
ついでに、秋に締めそうな帯を虫干ししておこうと、箪笥から出してみたのですが。

妊娠してるから感じるわけじゃないよね・・・この湿気た変な臭い。
せっかく綺麗な着物を着ても、帯が匂うのは何だか嫌だ~。
車の中とか、閉めきった部屋の中にいると、臭気が漂いそう。
だから、他人さまにも迷惑かも。

新品だったり、比較的新しい帯はさほど臭わないんですが、やはり帯芯が古いアンティークやリサイクル帯は、微妙に臭い気がしたします(-_-;)

そんなわけで、湿気た臭いのする帯を、ベランダで干してみることにしました!!
基本的に虫干しは、風通しの良い部屋の中で行うのが正解だと思うのですが、沢山あるとそんな悠長な事はやってらんねぇ。
殺菌効果の高い紫外線で、パキっと乾かして欲しいんですよ。
日焼けによる退色が気になるけど、臭う帯よりはマシなんじゃなかろうかと思いました。

こういう乱暴なのは、あくまで自己責任ですよね(笑)。

帯干す

外に締めて行ったと思おう。

我ながら紫系~小豆系の帯をけっこう持っているんだなと再確認しました。
奥のハデハデなのは、誰かが自作したのをリサイクルで買ったのですよ。
小豆色系の帯は、リサイクルやオークションでも沢山出ていて、かなりお安いのが多いですよね~。
だから初期の頃、ついついポチってしまった。

ここのところ自分の趣味が変わってきているのか、合わなくなってきている帯もあるなあ。
新しい箪笥を買う前に、帯の断捨離もした方が良いかもしれません。

スーパームーン

ちなみに、昨夜のスーパームーン♪
コンデジの夜景モードで、そこそこ綺麗に撮れました。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

身丈が短くて着られないけど、処分できない着物

今朝は、まだ9月だというのに、「寒い!」と思いましたよ。
さすがにヒーターこそつけませんでしたが、久しぶりに毛布&羽根布団にくるまって、ブルブルしてました。
ついこの間まで、暑い、暑いと騒いでいたのに・・・。
何でしょうね、この激しい気温差は。
9月なのに、こんな寒さを感じたのは、初めてのことかもしれません。

さて、また雨続きの空模様。
雨が降るとスイッチが入る片づけモードですが、昨日はクローゼットの大物を処分しなきゃならん!と思うにいたりました。
ほぼ空っぽなので、運び出すだけで良いはずだったんですが・・・。

すっかり存在を忘れていたけど、まだ中にちょっと入ってた~(-_-;)
材料用と称して箪笥に突っ込んであったプラケース内に、着物が入っておりました。

アンティークお召し1


大好きな紫色に、リアルな鳩が織り出されているアンティークのお召。
身丈が150センチ無い、わたしが着るには短すぎる着物なんですが、柄が好きすぎて衝動買いしてしまった1枚です。

シミとかもほとんど無くて、状態は良いんですよ~。
ただ、身丈だけじゃなく、裄も幅も小さいので、仕立て直しをしないと着られない。

アンティークお召し3

これも、着物着始めの頃、大江戸骨董市で一目惚れしてしまった変わり織のお召。
ラメ糸が使われていたり、黒の部分は絽っぽく織られていたりと、いまだにどういう出自なのか不明な着物。
ちょっと固めな生地なんですよね。

やはりサイズが小さくて、いまだにうっとりと見惚れてしまうけど、着られないという悩ましい着物。
帯に仕立て直してもカッコイイかもと思うんですが、いやいや勿体ないと、結局箪笥の奥へしまい込まれておりました。

アンティークお召し2

これは多分、マジョリカお召じゃないのかな?
ラメ糸でレース模様のような柄が織り出されているお召です。
対丈で着れば良いんでしょうが、身幅が合わないのが致命的。
最近は、やはりマイサイズに近い方がいいな~と思い始めておりますのでねえ。

アンティーク大島

皺が目立っておりますが、華紋柄に孔雀羽根が織り出されている、おそらくはアンティークの村山大島。
これまた骨董市でゲットした一枚で、サイズが小さい。
でもこれ、もの凄く軽くて、ふだん着物にいいな~と、いまだに思っているのですよ。

現代ものの着物は、サイズが合わないとあっさり手放すことはできるんですが、面白い柄の古い着物は何故だか処分できなかったりします。
骨董市って、ホントに危険!!
安いから、ついつい「何かに使える」と買い込んでしまいますのでね~。

この中で、単衣にできそうなのは、赤と黒の着物くらいだろうなあ。
鳩柄のと、黒のマジョリカお召は、裏に横糸がたくさん出ていて引っかかりそうなので、袷で着るしかなさそうですよ。
村山大島も、薄すぎる感じなので、袷の方が良いような気がする。

長羽織に仕立て直しというのもアリかなと思いますが、わたしに羽織が似合わない!
すっきりとした美しい着姿にならず、恰幅のよすぎるオバチャンになってしまって、一気に老けて見えるんですよね~。
なので、やはり長着のままにしておきたい。
あれやこれやと考えていると、頭が混乱してくるので、結局また箪笥に仕舞い込むことになるのですが・・・。

古い箪笥

着物箪笥の隣に置かれた、この古いロッカータイプの箪笥を、処分しなきゃならないのですよ。
引き出し部分はともかく、扉が壊れていて、きっちり閉まらなくなっているので。
もともとの持ち主はお義母さまなんですが、捨てようと思ったけど、処分が面倒で放置してた~という「粗大ゴミ」なわけです。
デッドスペースも生まれているので、これを片づけて、ぴったり合うサイズの箪笥を入れ込もうかなと計画中。
これも断捨離の一環かな?

憧れの着物部屋・・・うふふ♪ そんなこと、考えるはず無いじゃないですか(笑)。
ともあれ、どんな箪笥を入れるにしても、まずは処分からと考えております。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE