訪問者数

プロフィール

あゆ

Author:あゆ
血液型:A型
乙女座

着物にハマった(今のところ)専業主婦
ふだん着物の事、徒然に書いてます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

↑参加中です!
1クリックお願いします!

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーローズ小紋にラヴィ帯でロマンチックガーリーコーデ

昨日は舞鶴城で、初「キモノでジャック! in 山梨」が開催されましたよ。
山梨日日新聞からも取材があって、大盛況のようでした♪

キモノジャック2

第2回は、5月28日の午前11:00から、富士急ハイランドですって♪
行けるといいんだけどな~。

さて、先日のランチ会でのわたしの着物コーデをば。
コスプレ気分が抜けないもので、年甲斐もなくいろいろ盛ってみた。

テーマは「ガーリー♪」ということで、まっさきに思いついたのは、最近ご無沙汰だった豆千代モダンの「マドモアゼル・ラヴィ」帯。
この帯を軸に、ガーリー風コーデを考えてみたんですが・・・我が家に無いな、そういうの。

そもそもガーリーって、川越にある「MIZU-AME」さんみたいなんじゃないのか、もしや?

川越きもの散策8

↑こういう、可愛い感じの雰囲気♪
そう思い始めたら、悩みこんでしまいましたよ。

無いものは無いので、そろそろ咲き始めそうな薔薇柄の着物を考えてみる。
薔薇はとにかく好きな柄なので、小紋から紬まで、できるだけ集めてみたのですよ。
とりあえず、可愛い雰囲気のカフェレストランでのランチだったので、明るい色の小紋をチョイス。

ガーリーコーデ4

半衿を白にすると、かっちりしすぎかと思い、帯にあわせて黒系の蝶柄にしてみましたよ。
暗くて全然見えませんけれどね~。
もっと写真の露出を上げておけばよかった。

ガーリーコーデ5

帯は、ラヴィちゃん♪
最初、手先を長くとりすぎて、ラヴィたちの首がスッパリ分断され、手&胴体だけのホラー帯になってしまった!
慌てて締め直して、ベストポジション。
帯締めは、ぶっといアンティークを、蝶結び風。

さらに、頭は、おニューなロングウィッグでモリモリにしてみました。
目が飛び出るほど安かったので、思わず買ってしまいましたのよ♪



ロリ風な長い髪を、ぐりんぐりんとピンで留めているだけ。
変身写真を撮りに行った時、友人のヘアメイクをガン見して、再現してみようと思いました。

変身写真2

せっかく我が家にも障子があるので、変身写真風に撮ってみましたよ♪

ガーリーコーデ1

やっぱり、小道具やら舞台装置が欲しいところ。

ガーリーコーデ3

手持ちの扇子でごまかしてみたけど、う~む、写真を撮るのは難しい。
造花をでっかい花瓶に飾って、背景にしてみようかと考え中。
あと、自撮り棒があると便利かもしれない。

着物が大好きで、着付けの先生になったり、お店をやったりする方も多いですが、どうもわたしは、別方面へと進んでいる気がしてならない今日この頃。
ポートレイトの撮り方を研究しようかと思い始めました♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ヘンゼルとグレーテル?な雰囲気コーデ

昨日、家の近くにリサイクルショップを発見しました。
どうやら着物も売っているようだったので、今日改めて見に行ってみることに。
晴れていたし、近いだろうと思って自転車で行ったのですが、思った以上に遠かった!
行きはテンション上がっていたので距離を感じなかったんですが、帰りはだんだん膝が痛くなってくるし、ペダルは重く感じるし、ヨレヨレになってました。
もの凄く久しぶりに自転車に乗ったんですよね

とは言え、苦労の甲斐あって、戦利品ゲット!
どうやらそのリサイクルショップ、着物は一律1980円らしく、さらに新品(しつけ付き)でも値段が変わらない。
帯も1500円くらい。
数は少なかったんですが、他に着物を見る人なんて誰一人いなかったので、サイズも測りまくりでした。

そんな中、発見したのが、今日のコーデに使っている着物です。

ヘンゼルとグレーテル?

現代物の付下げ小紋、点描絵画を思わせる樹木模様。
これを見た途端、ラヴィちゃんと合わせてみたくなったんですよね。
グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」っぽくなるんじゃなかろうかと。

ヘンゼルとグレーテル?

多分、ラヴィちゃん帯が無かったら、買おうとは思わない不思議柄なんですが、ストーリー性があって面白いかなあと思います。
裄丈が、1センチほどマイサイズより短いんですが、ほぼぴったり。
ただ、するっとした生地なのと、身丈がいつもより長いので、今日は着付けにちょっと手間取りました。
次はもうちょっと綺麗に着られるようにしたいですねえ。

そして、掘り出し物はこれだけではないんです。

ビーズパーティバッグ

私が持っているこのビーズのパーティバッグ、「グレースコンチネンタル」の未使用品。
そのお値段、なんと380円
タグも付いたままだったので間違いないんですが、私以前、「グレースコンチネンタル」のパーティバッグ、普通に買ったんですよね。
2万円くらいだったと思うんですが・・・380円って何!

もともとグレースコンチネンタル大好きでしてね。
結婚前に買っていた洋服は、このブランドが多かったのです。
フェミニンな雰囲気なんですが、時々、ちょっとオリエンタルな雰囲気のデザインがあって、それが凄く好きで。
改めて見てみると、自分の趣味が変わっていないんだなあと思います。

久しぶりの自転車で膝がガクガクになってしまいましたが、良いお買い物ができたなあと思います。

それにしても、「マドモアゼル・ラヴィ」帯、大活躍ですよ。
シリーズ化しそうな勢いです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

ゴシック大好きコーデ

ほとんど宿題と化していた結城紬のコーデが一段落したところで(←結構、長い間考えてました)、自分が好きな雰囲気というのを改めて考えてみました。

ちなみに、私が持っている着物は、大きく3つに分かれているんですよね。

①わりと正統派なはんなり系(←万人受けしそうな優等生)

②木綿・ウール・紬などのふだん着(←田舎で出歩くにはこれが一番なじむ)

③趣味に走りまくって買いこんだ着物(←着る場所を選ぶ感じのものも多い)

前回まで考えていた結城紬は、私の中では②に分類されていたので、自分らしさを残しつつも、田舎で悪目立ちをしない!というのがテーマでした。

が、しかし、それだけじゃやはりつまらないので、今日は自分が大好きだと思うものを合わせてみることに。


ゴシックコーデ2

ゴシックな雰囲気もただようレース模様の着物に、「豆千代モダン」さんの「マドモアゼル・ラヴィ」です♪
この着物、一目惚れして骨董市で買い込んだものですが、どんな帯を合わせようかな~と考えておりました。
そんな時、「豆千代モダン」さんのオンラインショップで、この帯を見つけたんですよね。

ゴシックコーデ1

届いたら絶対合わせてみようと思っていたのに、私自身がすっかりダウンしてしまったので、今日まで延期されておりました。
モノトーンっぽいコーデになりましたが、なかなか良いではないかと自画自賛。
帯揚げと帯締めを赤系にするか、青系にするか迷ったんですが、今日は赤な気分だったので。
もっと鮮やかな色の方が良いかもしれませんが、今の手持ちではこれが限界。

この着物でライブとか、行きたいけどな~~!!

ちなみに、私がお気に入りのバンドは2つ。



↑その一つがこれ。

オランダのバンド、Within Temptation(ウィズイン・テンプテーション)です♪
シンフォニック・メタルとも、ゴシック・メタルとも言われているんですが、ボーカルの上手さと、楽曲の完成度の高さは、このジャンルではNightwish(フィンランド)と双璧と言われておりますねえ。
Nightwish(ナイトウィッシュ)の方も、私は大好きです。
どっちが好きと聞かれると困るくらい、どっちも好き。

このヨーロッパのゴシック・メタルというジャンルを知るまでは、ハマれるバンドがしばらく見つからずに漂流しておりました。
COLDPLAY(コールドプレイ)とか、リンキンパークとか、その辺を聴いていたんですが、何だかちょっともの足りない。
それ以前は、日本のバンドを聴いていたんですが、やっぱりマニアック路線を突っ走っていたし。

まあ、とにかく、ヨーロッパでは割とメジャーなシンフォニック・メタルという音楽は、日本ではさっぱり聴くことがないので(←でも、時々テレビで使われることがあったり)、ライブに行きたくても行けない状態なのです。

2007年に、NightwishとWithin Temptationが来日した時は、大感激しましたね~。
もちろん両方行きましたよ、ライブ。
今年は両方のバンドともに新譜を出してくれたので、来年くらい、ニッポンに来ないかな~。
もし来てくれたら、私は必ず、着物でライブに行ってきます

とりあえず、来日ライブをするためには、日本のファン数を増やさなければいけないので、今後このブログで細々と布教活動をやっていこうかと

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

久しぶりの着物で四苦八苦

このブログを書けなくなってから、ず~っと着物も着られない日々が続いていたのですが・・・。

今日はちょっと体調も良かったので、練習がてら着物に袖を通してみました。
着付けを忘れてるんじゃないかと思っていたんですよ。
段取りとか、皺取りのコツとか、確かにちょこちょこ忘れてしまっていたので、日常的に着ないと抜け落ちていくものだなあと思いました。

小石柄小紋1

気がついてみれば、いつの間にか11月になってしまっていたのです。
薄物も単衣も飛び越して、すっかり袷の季節になっておりましたねえ。
で、11月に着られそうな着物で、箪笥の中を探して出てきたのが、この小石柄の着物です。

ぱっと見た時、ヨーロッパの古い町並みの石畳のようだと思いました。
ところどころに散らばっているのが、街路樹の落ち葉。
和服なんだけど、何となく洋服に通じるような柄だったので、これは一目惚れでしたね~。
着物を着ない日が続いていたんですが、やっぱり、欲しい物はいろいろあったのです。

小石柄小紋2

合わせた帯は、こちら↑。
ご存知、「豆千代モダン」さんの、「マドモアゼル・ラヴィ」です♪

この、ややキモさも漂うダークファンタジーな帯に、ころっとやられてしまって、ついつい買ってしまった。
ダークでゴシックな雰囲気・・・涎が出るほど大好物なのでございます。
となると、私の手持ちの着物にも、結構合わせやすいのではないかと思いましてね。

そんでもって、出来上がったこのコーデは、非常に自分らしいなあと感じるわけです。
久しぶりに着たので、着付けは微妙ですが、全体の出来上がりとしてはわりと満足。
帯揚げと帯締め、ショッキングピンクみたいな色があればなあ・・・とも思ったんですが、手持ちが無いので、今回は大人しめなピーコックグリーン。

秋のヨーロッパをそぞろ歩く、ファンタジックな住人。

着物の良いところは、季節感が表現できるというのもありますが、ストーリー性を持たせられるっていうのもありますよね。
そういう組み合わせを考えるのは非常に楽しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。